W杯アジア最終予選 10/11 オーストラリア vs 日本

アウェーにおいてアジア最強と呼べるオーストラリアとの試合、引き分けで勝ち点1を獲得。
オーストラリア1-1日本

今日の試合は絶対、苦戦の連続、もがき苦しむ展開になると思っていました。

出場停止に怪我人続出、先発メンバーが変更と組みたいように組めない中でのスタートを予想していただけに、今日の試合、何なら勝てたぐらいの感じだったので色んな意味で個人的な予想を外れ(外れた方が幸い)、その上での引き分けだったので勝ち点3を取り逃したとも言えるんでしょうか。

スポンサーリンク

先発メンバーの変更

前の試合で先発から外れた香川選手がスタメン入りし、清武選手が外れました。
どういった意図があるのかは分かりませんが、調子のいい選手を外すのはセオリーに反すると思うのですが、ハリルホジッチ監督の選択は香川選手でした。

他に酒井宏樹選手が出場停止のため、右SBに酒井高徳選手、長友選手が怪我でイタリアに帰ったため、左SBに槙野選手が入りました。また、小林選手が本田選手の位置に先発で出場、本田選手はFWでワントップと、この辺りはオーストラリアの高さ対策なのかなと思いました。

試合の展開

オーストラリアによるオーストラリアのための超ロングボール放り込み、身長を活かした高さ攻め大作戦で大苦戦、と思っていたのですが普通に繋いでくる試合展開。

正直、繋ぐ技術なら日本の方に分があるなと思っていると、あっさり原口選手が点を取るという。これで3試合連続得点ですかね、本当に調子がいいなと思います。

結構日本がプレスをかけ、相手からボールを奪う展開が続きました。これは後半に動けなくなるのかなとか思いましたが、ほとんど危なげなく前半が終了したように感じました。

逆にオーストラリアこれでいいのか、何か日本が相手にした最終予選の試合の中で一番弱く感じるんだが?ぐらいの大船に乗った感じでハーフタイム入り。

しかし、オーストラリアが後半頭に原口選手のファウルでPKを獲得、ちょっと雰囲気が悪くなったところに選手交代。ここから流れが変わったように感じました。

オーストラリアのフォーメーションも変わったように見え、誰が誰の相手をするのか、という点で日本が戸惑っているのかな?さらに前半結構飛ばした影響か、相手からボールを取れなくなりました。

そして、とうとうケーヒル選手が交代で入ってくる。これはいかん、この流れでは・・・と思っていたのですが、やっぱり基本は足元を繋いでくるオーストラリア。

そんなに足元繋いでも自分たちの良さを消してるんじゃないかと思うんですが、基本繋いでくる。でも日本は何かグダッててボールをあまり取れない。

最後にオーストラリアのコーナーを防いで試合終了。

総評

なんかすごく書くことがない。
本当にこれは勝てたな、と感じるぐらいオーストラリアらしさは無かったです。今まで見てきたオーストラリア代表の試合の中で一番弱いんじゃなかろうか、そう感じた人も多い気がします。

ただ、試合終了後の原口選手が放心してる姿が、勝てたのに自分のせいで引き分けになった、というオーラが凄かったです。そんな事ない、正直今の日本代表は原口ジャパンってぐらい依存してる感があるので、落ち込まないで欲しいと個人的には思います。

今日の試合の収穫はセンターFWに大型の選手を入れても機能する、という点でしょうか。こういう試合運びをするのなら、大迫選手を是非呼んで欲しいですね。

なんかずっと言ってる気がしますが、岡崎選手は2トップなら合うと思うのですが、1トップとなるとそれに合わせたメンバーを選ばないと機能しないと思うんです。

11月の試合はどういったメンバーを選ぶのか、というのがより注目されてしまう試合になったと思いました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする