W杯アジア最終予選 10/6 日本 vs イラク

ホームで勝ち点3を獲得しました!!やっぱりホームでは勝たないとダメですよね。
日本2-1イラク

しかし、内容としては辛勝も辛勝、あわや引き分けぐらいの出来で正直、見ていて勝てるとは思っていませんでした。
もちろん応援はしていましたが、まさかホームでまた勝てないのか・・・という不安でいっぱいな感じでした、本当に。

今日は本気で勝とうとする(毎試合そうなんだと思いますが)意志が見て取れて、崖っぷちなんだというのを感じていただけに、勝利した時の喜びも大きかったんでしょうか。

スポンサーリンク

まず先発メンバーが違う

今日の試合先発から香川選手が外れました。
所属チームであるドルトムントでも調子は良くなく、ベンチやベンチ外が今シーズンは多めの香川選手ですが、ついに日本代表においてもベンチスタートになりました。

変わりの先発メンバーに清武選手が入り、まぁ、活躍したと言ってもいい、というよりもこれからも清武選手でお願いします、ぐらいの出来でした。FKにCKと非常に高度な技術があり、縦に通すパスなども含め、代表にとって新しい武器になるのではないかと個人的には思いました。

試合の展開

前半からイラクが超押し込んでくる、アウェーのくせに!!というぐらい押してきます。もう日本相手ならフィジカルで押せばどうとでもなる、と言わんばかりに押してきます。そして押される日本代表・・・

日本としてボールの取りどころがプレスをかけるぐらいしかない、ぐらいの展開で実際に途中でカットした分ぐらいしかチャンスが回って来ない。毎回イラクって後半で足が止まるようなイメージなんですが、こんなに押しまくって大丈夫なのか、とか思いつつも後半足止まってからの~~を考えているのかな、とか思ったりもしながら日本代表は押されます。

そんな展開の中、清武選手→本田選手→清武選手→原口選手という流れで先制点をゲット!!イエスゲットイエス!!って大喜びしてしまうぐらい綺麗な流れでの得点、代表戦ではすごい久しぶりに見たような気もします。

本田選手から清武選手のパスが、気持ちオフサイドっぽくもあったような気がしなくもないとか思ったりもしたんですが、清武選手がパスしてからもう一度受けるまでの動きが最高でしたね。最近の日本代表にはなかった、そして、必要だった連携を見れて嬉しいことこの上ないです。

そこからパスを受けた原口選手のヒールシュート。それも良かったのですが、左サイドから右まで来る動き、その間にさりげなく岡崎選手が左に行って相手DFを釣っていたのも本当に良かった。渋滞しないって素晴らしいなとか思いながら前半終了。

後半とか徐々に相手疲れて交代で浅野選手でしょ、もう余裕なんじゃねとか思ってると開始から押し気味。その通りだわーとか思ってるとあっさりセットプレーで点を取られるという・・・

弱いよ日本、セットプレーとか点取られるイメージしかない、どうすればいいんだ・・・
そう思って凹んでいると、交代でまず柏木選手に替えて山口選手。そこから岡崎選手に替えて浅野選手、本田選手に替えて小林選手を入れるもなんかずっと同じ展開。

日本代表は点を取れそうで取れない、押し切れないというどこかで見たことがあるような試合運びを披露。徐々に吉田選手が前に上がり気味というか、上がりっぱなしになる。
そういう事するんなら、大迫選手とかハーフナー選手とか最初から代表に入れておけばいいんじゃねーの、と思ってしまうような仮の大型FWに放り込みプレー。

しかし効く、これが効く。日本ゴリ押しパワープレーのこぼれ球を山口選手がミドルボレーで勝ち越しに成功。セレッソの試合を見ててもこんなの決めたのいつ以来だ?先週、清水にボコられてた気がするんだが、っていうぐらい見事なシュートでした。そして試合終了。

総評

後半AT5分に勝ち越して、96分で試合終了。略すと辛勝、これしかない。

ロスタイムまで走り続けてた原口選手は最高です、もうこれからの代表で外れる事はないでしょう、というかいないと勝てないぐらい依存してる気がします。

ただ、ホームでこれだと次のアウェーのオーストラリアとか引き分けに出来たら合格、ぐらいなんじゃないかと思ってしまうぐらい、決めきれないですね。点取らないと勝てないんだから、ミドルとかもう少し撃ってもいいんじゃないかと、ド素人は思ってしまいます。

後、切羽詰まってパワープレーするなら最初から大きい選手を選んでおくべき。ベンチに座らせておくべきだと思いました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする