気が付くとアマゾンプライムがお笑いに溢れていた

アマゾンのプライム会員になれば利用する事が出来るプライムビデオやプライムミュージック、日々極限まで有効活用しようと思い個人的な趣味の範囲で全力で利用しています。

ですが、アマゾンオリジナルの番組がいつの間にかお笑い・バラエティに溢れていたっ。そんなに気にしていないというか、あまり興味が無かったので全然チェックしていなかったのです。

もう地上波的なバラエティ番組は一生見なくてもいいかなと思っていたのですが、地上波という足枷が外れた番組は玉石混交、まだ可能性があるのかなと思うような番組がいくつかあります。

スポンサーリンク

HITOSHI MATSUMOTO Presents ドキュメンタル

HITOSHI MATSUMOTO Presents ドキュメンタル

個人的にはテレビでやっている事とそんなに変わらないのかな、と思いました。笑ってはいけない等の番組が好きな人にはハマる、かもしれない。

今田×東野のカリギュラ

東野、鹿を狩る Vol.1 「山の掟」

テレビでボツになったネタをやる、というのがコンセプトな番組。ガチンコな企画もありますが、やはりテレビでやろうと思ったネタなのでテレビの延長上でしかないかも、と個人的には思いました。

野性爆弾のザ・ワールド チャネリング

野性爆弾のザ・ワールド チャネリング 予告編

野生爆弾がテレビでの仕様に耐えれないのでネットでしか存在する事が出来ない番組だと思います。笑いの種類で人を選びそうですが、予定調和ではないのがいいかも。

千原◯ニアの◯◯-1GP

知識聞き出し-1GP

うーん、そうですね。地上波では過激な下ネタとか言えないから、それを使ってテレビのお笑い番組を作った、といったところですかね。ネットだから地上波とは違う、というのは品性だけかなと思いました。

戦闘車

戦闘車 メイキング

お金かけて車壊そう、アメリカンな感じですかね。始まったばかりですが紹介だけで終わったので、今後どうなるかで変わるかも。

ぶらり路上プロレス

#01 神田 勃発編ただの旅番組です、ほのぼのと見ましょう。うん、ただの旅番組だ、食レポとかあるし。でもこういう味の番組は好きです。

有田と週刊プロレスと

No.001 NY移住の綾部にグサリ!有田、長州モノマネ炸裂!!

この番組が生まれたというだけでアマゾンを絶賛したい。地上波ならスポンサーとか絶対につかないと思われるプロレス愛を有田が語り、人生の教訓を得る番組です。プロレスという物を好きだからこそ、物凄く分かりやすい説明で紹介する事が出来る。間違いなく地上波の延長ではない挑戦的なテーマで、尚且つ面白いという。

この番組を基準にされたらネット番組は全滅する恐れがあるかなとか、個人的には思います。

まとめ

他にも番組はありますが、適当に選んでみました。ですが「有田と週刊プロレスと」はバラエティ好きなら見ておいた方がいいと思います。

個人的には予定調和ではない、ありふれていない番組はこれだけでした。地上波という足枷が外れたら、やはりセンスや個人の本当に好きな物などが求められると思います。そういった物がある人達にはドンドン新しい番組を作って行って欲しいと思いました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする