glo(グロー)の新しいブランド「neo」を試してみた

加熱式タバコって吸いごたえが足りないよね・・・

それに対する答えが「glo(グロー)」より登場しました。

新しいブランド、その名も「neo(ネオ)」です。

ややこしい、実にややこしい。「glo(グロー)」専用のネオスティックのブランド名に「neo(ネオ)」ですかと、ネオスティックはネオの方とかネオネオうるせえと言われかねません。

それはさておき、新しく追加された新ブランドもしくは新フレーバーの「neo(ネオ)」ですが、いきなり4種類です。

今回はこの「neo(ネオ)」について、個人的にアレコレ語ってみたいと思います。

「neo(ネオ)」は何のための新ブランドなのか?

「加熱式の味わいは、限界か?」「加熱式の物足りないを、くつがえす」等の過激な発言が目立った「glo(グロー)」公式ホームページですが、現時点での加熱式タバコについては正確に把握しているようで安心します。

新しく「neo(ネオ)」で追及したのは「吸いごたえ」と限界に挑戦する姿勢は個人的には嫌いではありません。

しかも一気に4種類と本気度も高く、吸う前から期待したい、というかしています。

今回追加された銘柄は

  • ネオ・ロースト・プラス・スティック
  • ネオ・ダーク・プラス・スティック
  • ネオ・フレッシュ・プラス・スティック
  • ネオ・ダークフレッシュ・プラス・スティック

の4種類です。また名前が長いなぁ、そんなにカッコいい銘柄名にする必要があるのかなと個人的には思ってしまいます。

新ブランド「neo」を試す

ネオ・ロースト・プラス・スティック

「吸いごたえにこだわったたばこ葉をブレンド、満足感プラスの広がる濃厚な香ばしさ。」

香ばしさとか言われてしまうと、これまで豆とか蕎麦とか言ってきた自分ですが香ばしさという言葉だけで身構えてしまいます。まぁそれはさておき吸った感じはリッチ・タバコから、それこそ自分で言った豆っぽさ等が薄れた感じですね。

それでいてタバコを吸った感、ガツンと来る物を感じれたので口先だけではないな!と素直に関心しました。これなら普通のタバコから脱却出来る人が増えるかもしれないと思いました。

ネオ・ダーク・プラス・スティック

「吸いごたえにこだわったたばこ葉をブレンド、満足感プラスの深みと豊かな味わい。」

吸った感じ、結構イガイガします、というか喉が渇く感じでしょうか。ネオ・ロースト・プラス・スティック、長いのでローストと略しますが、そのローストにガツン感をこれでもか!!これでもか!!とゴリ押しされる感じです。

これは非常に人を選びそうです。ガツンと来る粉っぽさというか、何かが口の中に残る感じ。個人的にはローストの方で感心したのに、こっちは調子に乗りすぎたという印象が強いですね。

ネオ・フレッシュ・プラス・スティック

「吸いごたえにこだわったたばこ葉をブレンド、満足感プラスの刺激的な爽快メンソール。」

うおおお、来たぁぁぁぁぁ!!というメンソール感はインテンスリー・フレッシュ級に感じましたが、それでいて吸いごたえもある。人によってはインテンスリーを卒業するかもしれません。

しかし、これは本当にいい、常用する銘柄を検討するレベルです。

ネオ・ダークフレッシュ・プラス・スティック

「吸いごたえにこだわったたばこ葉をブレンド、満足感プラスのメンソールと完熟グレープのように香る豊かなアロマ。」

これは素直にダーク・フレッシュの強化版だなと思いました。グレープ感も増していると思います、思いますがそこまで長持ちはしない感じでそこが残念ではあります。

総評

「neo」を全部試してみて思った事は、基本はローストなんだなという事です。ローストが相当優秀だと思いますので、それに今まで蓄積してきたノウハウを追加したように感じました。

今後追加されるであろう「neo」は期待が出来るな、というのが一番大きいかもしれません。

そして自分の声が届いたのか、ついにパッケージ正面に銘柄名が入りました。

やったぜ!これで色々悩みながら商品名を伝えなくても済むぜ!というのが最高に嬉しいという、本当にどうでもいいような感想で〆たいと思います。

「glo(グロー)」の新フレーバー、カプセルメンソールを試してみた
2018年6月15日に「glo(グロー)」に新しいフレーバーが2種類追加されました。 「ケント・ネオスティック・ベリー・ブースト」 「ケント・ネオスティック・ミント・ブースト」 です。 今回はこの新しく追...

コメント