プルームエスの新フレーバーである「キャメル」の2種類を試してみた

プルームエスに新しくフレーバーが追加されました。

「キャメル・メンソール・イエロー」と「キャメル・メンソール・レッド」です。

「プルームエス2.0」に合わせての登場です。

という訳で、今回はプルームエスの新フレーバー「キャメル・メンソール・レッド」と「キャメル・メンソール・イエロー」について、個人的にアレコレ語ってみたいと思います。

スポンサーリンク

プルームエスの専用たばこスティックは大きく2種類

「メビウス」シリーズと「キャメル」シリーズの2本立てで行くようです。

「メビウス」は基本的な路線、「キャメル」は飛び道具的な一点突破な方向性でしょうか。

2つのブランドを合わせて現在8種類の専用たばこスティックがあります。

実際に吸った感想

キャメル・メンソール・イエロー

すっきりとした甘みの、シトラスフレーバーメンソール

個人的には加熱式タバコでの「シトラスフレーバー」には危険な香りを常に感じるという、経験上警戒してしまうフレーバーなのです。

では「キャメル・メンソール・イエロー」はどうなのか?ドキドキしながら一口目を吸ってみる。

…うーん、これはよくないパターンの「シトラスフレーバー」かなと、個人的な嗜好ではそう言わざるを得ません。

香りがトイレ芳香剤を想像させる、人工的な印象が強いと思います。

正直これは苦手ですね。何故シトラスなのか、素直にレモンではダメなのか。

プルームテックプラスの「メビウス・ゴールド・イエロー・ミント」のクオリティの高さを想像しながら吸ったせいか、大きく期待を外された感じです。

好きな人には申し訳ないですが、個人的には本当に苦手な味です。

キャメル・メンソール・レッド

爽やかな甘みの、アップルフレーバーメンソール

あらゆる加熱式タバコで大正義の「アップルフレーバー」である、「キャメル・メンソール・レッド」です。

さほど警戒も期待もせずに、まずは一口吸ってみる。

アップルというよりは、暴力的なメンソール感、圧倒的なメンソールで口の中がいっぱいになりました。

これがJTの言う「撃旨メン」なのか?

驚いているとアップルフレーバーが吸い終わりの頃にやってきます。これはいい、新しいと思います。狂暴なメンソール感とアップルフレーバーはあまりなかったんじゃないかと、その組み合わせを選んだところに感心します。

まとめ

まず大切な事は「シトラスフレーバー」とメンソールの共存って、とても難しいのではないか?と思っていると大体は難しい事になる、という事でしょうか。

事事うるせぇな、と自分でも思ってしまうぐらいには事だと思います。

個人的には完全に解決されるのを祈っています、本当に。

プルームエス2.0の登場でより美味しく吸えるようになったと思いますので、まだ試していない人は是非一緒に試してみて欲しいと思います。

プルームエス専用「キャメル」の新フレーバーを試してみた
JTよりプルームエスに新しくフレーバーが追加されました。「キャメル・メンソール・パープル」と「キャメル・ブラック・ミント・メンソール」です。「プルームエス2.0」が発売されてからのメンソールタイプの投入が早...

コメント

タイトルとURLをコピーしました