プルームテックプラスの新フレーバー4種類を試してみた

プルームテックプラスに新しくフレーバーが4種類追加されました。

  • 「メビウス・ゴールド・ロースト」
  • 「メビウス・ゴールド・クリア・ミント」
  • 「メビウス・レッド・ミント」
  • 「メビウス・パープル・ミント」

ついにフレーバーライン、プルームテックではお馴染みのレッドとパープルがプルームテックプラスにも登場です。

という訳で、今回はプルームテックプラスの新フレーバーについて、個人的にアレコレ語ってみたいと思います。

大きくジャンル分けをしてみる

まず最初にいきなり結論を、分かりやすく表にしてみます。

レギュラーマイルド・ブレンドロースト・ブレンドゴールド・ロースト
メンソールコールド・ミントクリア・ミントゴールド・クリア・ミント
フレーバーパープル・ミントレッド・ミント

人によって意見は違うと思いますが、個人的にはこうなりました。

弱中強は吸いごたえ、タバコ感、そういった物だと思ってもらって大丈夫です。

実際に吸った感想

メビウス・ゴールド・ロースト

特別原料「ゴールドリーフ」使用。香ばしいたばこの味わいに、ゴールドリーフの濃厚なコクで広がる余韻。

確かに「濃厚なコク」を感じる味わい。

「メビウス・ロースト・ブレンド」を吸った事がある人には、タバコ感はそのまま、マイルドな余韻が追加された、といった感じでしょうか。

「メビウス・ロースト・ブレンド」はキツかったけど、これならいくらでもいけるかもと思わせる、ちょっと危険な味わいだと思います。

決して薄くはなっていないけど吸いごたえはマイルドで、タバコ感、キック感は増しており、尚且つ吸いやすくなっています。これが「ゴールドリーフ」のおかげなんでしょうか、

さらにタバコを吸った感が大きくなっているのは正直謎ですが、プルームテックプラスを代表する味わいになるんなんじゃないかと思います。

メビウス・ゴールド・クリア・ミント

特別原料「ゴールドリーフ」使用。ペパーミントの爽快感に、ゴールドリーフの強い刺激でシャープなキレ。

おおお、これはすごい。

「メビウス・クリア・ミント」にさらにキック感がプラスされています。

メンソール感が強くて、タバコ感が足りないな、と思っていた人はニッコリな味わいに仕上がっています。

これが「ゴールドリーフ」の力だ!!とJTから告げられているように思えて、何故か悔しい気持ちで一杯です。してやられた感に溢れるというか。

個人的には「メビウス・クリア・ミント」と「メビウス・ロースト・ブレンド」を7:3ぐらいの比率で合わせたような味付けかな、と思います。

メンソール感だけなら「メビウス・クリア・ミント」の方が上だと思いますが、タバコとしての総合力?は「メビウス・ゴールド・クリア・ミント」が上回っていると感じました。

メビウス・レッド・ミント

爽やかなアップルフレーバーに、キレのある氷爽メンソールの刺激。

吸った一口目からアップル感がすごい、と思わせておいてからの吸い終わりはタバコ感で終わるという、ちょっと今までのフレーバー感とは違うかもしれない。

先の「ゴールドリーフ」シリーズではないので、そこまでのキック感などはないのですが、プルームテックプラス級の吸いごたえはあります。

これまでにプルームテックの「レッド」を吸っていた、吸った事のある人にとっては最初は戸惑うかもしれません。

アップル感から中間のメンソール、そして締めでタバコ感が少しある、プルームテックプラスならフレーバーはこうだ、というのを感じました。

メビウス・パープル・ミント

華やかなベリーフレーバーに、キレのある氷爽メンソールの刺激。

皆大好き、ベリーフレーバー。

鼻に抜けるベリーの風味がプルームテックの「パープル」と比べて、倍までは行きませんがそれに近いぐらい増したように感じます。

ですが、同期の「メビウス・レッド・ミント」と比べて、そこまでタバコ感は増していないように思えます。純粋にフレーバー感とメンソール感が増した、王道路線を突き進んだ味わい。

それでも最低限はプルームテックプラス級の吸いごたえがあります。

まとめ

今回追加されたフレーバーはどれも新しい味わいで、これまでの商品が必要なくなるというラインナップではありません。

人それぞれ好みがあり、個人的な好みをより選ぶ事が出来るようになった、というのが嬉しいと思います。

正直フレーバーテイストが登場するのが遅いんじゃないかと思っていたのですが、プルームテックプラスとプルームテック、その両方でカバーしているんだなと思いました。

レモンとかオレンジとかの柑橘系はまだか、とか個人的には思ってしまうのですが、まずはタバコ感、キック感という基本を押さえてから確実な物が出て来ている印象が強いので、大人しく待つ事になりそうです。

それにしても「ゴールドリーフ」っていう、新しい武器を用意してきたJTですが、フレーバー系とかもやろうと思えば「ゴールドリーフ」を使えるのかとか、興味津々です。

騙されたと思って、まずは「ゴールドリーフ」を使用した新フレーバーを試してみるのを個人的にはオススメしたいと思います。

プルームテックプラスのたばこカプセル4種類を試してみた
プルームテックプラスが新たに発売され、同時に4種類のたばこカプセルも発売されています。 そう、まだ4種類しかない。いや、4種類もあるが正しいんでしょうか。 だが、どんな物なのか全てを試さない訳にはいかない。そうじゃないと...
確かな吸いごたえ「Ploom TECH+(プルーム・テック・プラス)」レビュー
JTから新しい加熱型タバコが登場しました。 「Ploom TECH+(プルーム・テック・プラス)」です。 現行品である「Ploom TECH」の後継機、という訳ではなく新しいラインアップの一つとしての製品です。実は201...

コメント

タイトルとURLをコピーしました