【VAPE】「SMOOTH VIP(スムースビップ)」を試してみた

電子タバコ、「VAPE」について色々調べていたら知らない事が沢山出て来ます。

沢山出て来すぎて理解しようという気さえなくなってしまうかもしれない、と思っていたその時、これは是非とも使わなければいけない物を発見しました。

「SMOOTH VIP(スムースビップ)」です。

知らんがな、と言われそうですが自分も知りませんでした。ですが、何と取り扱っているのが「株式会社ライテック」ってなっているじゃないですか。ライテックですよ、あのライテック!!

どうして興奮してしまったのかも合わせて、今回は「SMOOTH VIP(スムースビップ)」について、個人的にアレコレ語ってみたいと思います。

スポンサーリンク

株式会社ライテックって何の会社?

「SMOOTH VIP(スムースビップ)」を取り扱っている「株式会社ライテック」は、これまでにタバコを吸ってきた人は、恐らく全員がお世話になっていると思います。

知らない訳がない。

そう、俺たちが灯し続けた炎、ライター等のメーカーです。

お手持ちのライターを見れば、「ライテック」かもしれません。

その「ライテック」が「VAPE」を取り扱っている、という事に気付かなかった自分に驚きました。まぁ、ライターを作っている会社の事を気にする事は普通ないと思いますが・・・

日本に数多くの炎を提供してくれている「ライテック」が、取り扱いをしているという「SMOOTH VIP」に興味が沸くのは当然というか、今までの感謝の意を込めて使ってみるしかない、自分はそう思った訳です。

VAPEって何?

リキッドと呼ばれる液体を気化し、その煙を吸う事でタバコのように楽しむ「電子タバコ」の事です。

「従来のタバコ」や「加熱式タバコ」と違い、ニコチンやタールが入ってない物が国内ではメインです。(輸入物の中にはニコチンが含まれている物もあります)

「SMOOTH VIP(スムースビップ)」を使う前の準備をする

オープンします!

写真が大きくて申し訳ない…

「SMOOTH VIP(スムースビップ)」スターターセットですが、機種は「SMOOTH VIP X2」です。

ケースを開けた時点で請求力がありますね。

  • ニコチンゼロ
  • タールゼロ
  • 副流煙ゼロ
  • 禁煙補助・節約に
後でまとめようと思っていた事ですが、先に書いておきます。
これまで「VAPE」・「電子タバコ」という物を調べて難しそうだなと諦めていた人も(自分含む)、このようにセットになっていれば迷う事がないと思います。

「SMOOTH VIP(スムースビップ)」の基本構成を知る

細かく分けるとこうなりますが、製品としては

  • 本体(バッテリー)
  • アトマイザー(金属コイル・アトマイザー・吸い口)

この二つになります。

「VAPE」を調べると出て来る定期的にパーツを交換というのは、「SMOOTH VIP(スムースビップ)」においては「アトマイザー」を交換する、という事です。

個人的には非常に分かり易くていいと思います。

「アトマイザー」は「リキッド」を1本消費する、もしくは1ヶ月使用したら、交換を推奨するとなっています。

「アトマイザー」に「リキッド」を注入する

この作業と並行して、忘れずに本体の充電をしておきましょう。充電に必要な時間は最大約3時間です。

SmoothVIPの使い方

写真や言葉で説明するよりも、動画を見てもらった方が早いと思います。

ですが、動画にはない事を説明したいと思います。

リキッドの入っているビンが開かないというあなた!!

  1. キャップを下に押しながら(入れ物を破壊するような気持ちで。実際には壊さないようにしてください)
  2. 反時計回りに回して開ける

自分はかなり、キャップを外す事が出来ませんでした、恥ずかしながら…

結構力を入れながら押して、回すイメージです。これ大切。

リキッドの種類は7種類

「SMOOTH VIP(スムースビップ)」のために用意したリキッドは、安全性を考慮してアメリカの「DURA SMOKE」社製です。

このリキッドというのが無数にあり、どれが良くて悪いのか素人には判断が付かないところです。

しかし「ライテック」が選定した上で日本でももう一度検査などを行っているようなので、安全性を追及している姿勢には好感が持てます。

SMOOTH V!P用のリキッドには7種類のフレーバーがあります。
スムースビップにセットするリキッドのには、アメリカの電子ベイプ用リキッドのリーディングカンパニーであるデュラスモーク社を採用しています。
S.アンソニー・ペース博士監修による科学的アプローチを繰り返し、「安全性」についてはもちろん、「吸った時に感じるテイスト」や「吸い心地」を徹底的に追求しています。

また、製品の品質や安定性がしっかり担保できる生産ラインを管理。工場は品質管理と環境管理についてのISO「国際基準」に基づく認証を取得しています。

「ライテック」が日本で取り扱うリキッドは7種類。

  • メンソール
  • コーヒー
  • ジンジャー
  • ブラックベリー
  • エナジー
  • ピーチ
  • グリーンアップル

個人的に気になるのは、グリーンアップルとブラックベリーです。

スターターセットに付属しているメンソールのリキッドを注入、準備完了です。

実際に「SMOOTH VIP(スムースビップ)」を使ってみての感想

吸う前に大切なお知らせがあります。

吸い口のキャップはちゃんと外しましょう。

自分は勿論外して使いましたよ、ええ間違いなく。

電源をオン・オフは電源ボタンを5回連打する

これまでの作業の間にちゃんと充電しておきました。

で、電源を入れました。慌てずにポポポポンと押すだけで大丈夫です。電源の入った状態で、電源ボタンを押しながら吸います。

  • 電源をボタン5回押してオンにする
  • オンの状態でボタンを押しながら吸う
  • 吸い終わったらボタン5回押して、電源をオフにする

自分は勿論電源オンを確認してから使いましたよ、ええ間違いなく。

吸いごたえ

付属のメンソールのリキッドについての感想になりますが、メンソール独特の爽やかさに加え、ほんのりとした甘みを感じます。

そして何よりもタバコを吸った感を物凄く感じます。ニコチンもタールも含んでないのに、吸った感がすごい。煙の量も「従来のタバコ」と比べて同じか、それ以上です。モクモク出来ます、煙愛好会も満足の量だと思います。

「SMOOTH VIP」の形がタバコのように縦長だからか、とにかく吸った感が大きく、日頃からメンソール系を吸っている人はかなり気に入ると思います。

「SMOOTH VIP」を使用するのに月額いくら必要になるのか?

タバコや「加熱式タバコ」と比べて、いまいち「電子タバコ」ってどれぐらい費用がかかるのか、分かりにくいところがあると思います。

なので、個人的に超分かりやすくまとめてみたいと思います。

タバコ
加熱式タバコ
SMOOTH VIP
金額1箱500円 x 30日リキッド1本918円 x 2
アトマイザー1個626円 x 2
合計15,000円3,088円

タバコ税が増税された後の計算で、結構適当ではありますが…

タバコ系は1日1箱計算、「SMOOTH VIP(スムースビップ)」は吸う量が多い人で月にリキッド2本ぐらいらしいです。公式サイト曰くですが。

完全にタバコ系から切り替える、というのは難しいと思いますが、それでもランニングコストの差がすごいですね。自分でも数値にして結構ショックです。

それでも併用して、タバコ系の吸う量を減らすというのは「SMOOTH VIP(スムースビップ)」の吸った感じからは可能だと思います。

まとめ

使う前は正直、物足りない製品だろうと思っていました。

しかし、実際に「SMOOTH VIP(スムースビップ)」を使用した後に、その考えを撤回する事になるとは思ってもみませんでした。

ニコチンやタールなど健康に悪影響を及ぼす物質がないのに、吸いごたえがある。

「VAPE」というのはこういう物だったのか、もっと早く知っておけば良かったなという思いでいっぱいです。

部品交換だとか、難しい言葉が多くみられる「VAPE」ですが、そういった難しい事を減らして分かりやすく提供してくれるのが「SMOOTH VIP(スムースビップ)」だと思います。

  • 難しそうだから敬遠していた人
  • 禁煙や減煙といった修羅の道を進む人
  • タバコは吸わないけど、リフレッシュするのに何か必要な人

こういった項目に当たる人は「VAPE」に入門してみるのもありだと思います。

そして、最初の入門機として「SMOOTH VIP(スムースビップ)」を個人的におすすめしたいと思います。

コメント