ロックアウト

俺はB級SF映画が好きなんです。もちろん、A級SF映画も好きなんですが。

そんな訳で今回は2012年の作品、「ロックアウト」について語ってみたいと思います。

スポンサーリンク

B級予感満載なストーリー

近未来である2079年、宇宙空間に作られた刑務所に極悪犯罪者を冷凍睡眠で収容しており、未だ脱獄者無し。絶対無敵、脱獄不可能な究極の監獄だぜ!!という、自画自賛な施設。

そこに囚人といえども、そんな扱いはダメだ!
と囚人からの聞き取り調査をするために、人道的な団体を連れて大統領の娘が視察に行く。
もう色んなフラグがあちらこちらにあるんじゃねと、誰もが思うしかない。

そして話をするために囚人を解凍、絵に描いたように囚人に刑務所を乗っ取られ大統領の娘も人質になるという、だから言ったのに~~的展開。

何とかしてくれという状況で色々問題がある主人公に話が来て、単独で潜入して救出してこいという、とても分かりやすいあらすじなのです。

だがしかし!!!!製作に「リュック・ベッソン」が関わっているのです。

リュック・ベッソン関係の映画には好きな作品が個人的には非常に多く、超期待して映画館に行った記憶があります。

誰もが最初からB級を目指してる訳じゃない、でもコレはB級です、間違いない。

ですが、個人的な好みには非常に合いました。宇宙版「ダイ・ハード」とでも言うべきか、例えるならそんな感じです。

主人公はとてもラフですが、そこまでタフでもないかなと。十分にタフではあると思うんですが、一人で全部解決するみたいなタフさはないように感じました。

まとめ

ただ、話が真面目なのか不真面目なのか、散らばっている感があったので、そこはもう少し固めたらよかったんじゃないかな、と思ったり。

あまり色々考えずに、頭空っぽにして見るのに向いている映画だな、と思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする