MONOEYES / Get Up E.P.

俺が出るたびに買っている数少ないミュージシャンの一つである、「MONOEYES」の新シングル「Get Up E.P.」について語ってみたいと思います。

Get Up E.P.

現在活動停止中の「ELLEGARDEN」のボーカル・ギター担当の細美武士による新バンドですが、「MONOEYES」とは別に「the HIATUS」というバンドも並行して活動中です。

ちなみに個人的な2014年アルバム1位は「the HIATUS」の「Keeper Of The Flame」です。

the HIATUS / Keeper Of The Flame
個人的な2014年度2位のアルバムはレビューしたのに、1位をしない訳にはいかない、と思っていたのでやろうと思います。 ...
スポンサーリンク

音楽性

現在並行して活動中の「the HIATUS」は実験的な成分が大きく、エレクトロニカ成分が多めだなと思うのですが、こちらの「MONOEYES」は純粋にバンド、ロック成分などが多めです。「ELLEGARDEN」が好きだった人は「MONOEYES」の方が好きなんじゃないかとか思ったりしてます。

で、今回の「Get Up E.P.」ですが、全3曲です。
個人的にはシングルは買わずにアルバムを待つ派なのですが、「ELLEGARDEN」時代からアルバムに入らない良い曲が多い、というか全部入れてくれ!という感じになるので、なるべくシングルも買うようになったという感じ。

3曲の内容というか、曲調が3曲とも違うのが上品に言うと素晴らしい、普段の自分風に言うとたまらんな!!ですね。シングルでここまでバランスがいいとずっとリピートしてしまう。

「Get Up」

1曲目がシングルタイトルの「Get Up」
俺の言葉のボキャブラリーが貧弱でいいのを思い浮かばないのですが、ミディアムテンポで優しい感じがします。

「Borders & Walls」

2曲目が「Borders & Walls」
「ELLEGARDEN」時代の「Pepperoni Quattro」に入ってても個人的には違和感がないような、アップテンポで元気が良い曲調です。波乗りが大量発生しそう。
作詞作曲は細美さんではなくて、スコットさんなのに気付きました。

「Moth To Flame」

3曲目が「Moth To Flame」
これはヤバい、現場で。今までの「MONOEYES」には無かったカッコイイ感じの曲です。
これも作詞作曲は細美さんではなくて、スコットさんなんですね。
曲調はメチャクチャ走っているのですが、溜める部分ありのモッシュでも何でも来いの展開が好きです。ライブに行く人は今から筋トレをした方がいいかもしれない、と間奏の後が想像出来てしまう程度にはカッコイイ。

総評

次のアルバムにどれが入るとかは知らないですが、俺は「Moth To Flame」だけでも大満足でした。まだまだこんな引き出しがあるのか、すげぇな、という感想しか出ません。

1枚のシングルで、三者三様ならぬ三曲三様、久しぶりにリピートしたいと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする