MONOEYES / A Mirage In The Sun

MONOEYES」のファーストアルバム、2015年の作品「A Mirage In The Sun」について、個人的にアレコレ語ってみたいと思います。

現在活動停止中の「ELLEGARDEN」のボーカル・ギター担当の細美武士による新バンドで、現在活動中の「the HIATUS」とは別のバンドになります。

スポンサーリンク

MONOEYES

現在活動中の「the HIATUS」はロックから始まり、多種多様な実験的な音楽さえも含めた、より進化した音を求めているように思えます。しかし、「MONOEYES」は純粋にロック・パンク、小難しい事は置いておいてストレートな表現、とにかく騒ごうぜ!というような印象を受けました。

両者を比べてみて、あえて言葉を並べるとしたら「the HIATUS」は静・小奇麗・スッとしている、「MONOEYES」は動・大雑把・何か油臭くね?、みたいな?

あまりいい言葉が出てこないのですが、言いたい事は伝わるはず。とにかく「MONOEYES」はエネルギッシュな感じです。

A Mirage In The Sun

最初に聞いた時、おお!と思ってしまいました。何がおお!なんだと言われる事間違いなしですが、前知識がある人にとっては「ELLEGARDEN」と比べての、おお!になると思います。

ですが、作り手はいつまでも昔と比べてどうこう言われたくないと思うんです。個人的にですが、自分ならそう思います。なのでその辺りは省略。

今作「A Mirage In The Sun」に先行してシングル「My Instant Song E.P.」が発売されていたのですがアルバムに収録されたのは「My Instant Song」だけでしたので、もしシングルを聞いてない人がいたら是非とも聞いて欲しいと思います。それぐらい収録されていない2曲、「When I Was A King」と「What I Left Today」は出来がいいです。

で、先行シングルである「My Instant Song E.P.」を聞いていたので、今作はノリのいいパンク路線なのかな、と思っていたのですが、実際には音が超重いというかギターが重い、アルバムを通して、というイメージを持ってしまいました。

俺が勝手に「When I Was A King」と「What I Left Today」の路線、と思い込んでたら、実際には「My Instant Song」路線だった、というだけなんですが。改めて「My Instant Song」を聞くと、確かにこの方向なのかなと、後から思い直す事になりました。

実にロック、実にストレート、最近ここまでロックな曲聞いたかな、そう思ってしまうぐらいの出来でした。

収録曲

  1. Cold Reaction
  2. Like We’ve Never Lost
  3. Just A Little More Time
  4. My Instant Song
  5. Run Run
  6. グラニート
  7. End Of The Story
  8. Do I Have To Bleed Again
  9. Get Me Down
  10. 明日公園で
  11. Wish It Was Snowing Out
  12. Remember Me

「My Instant Song」

「Run Run」

総評

細美武士の作る音楽が好きだ、という人は勿論ですが、ロックとかそういうのあまり聞いた事がないんですという人にこそ聞いてもらいたい作品だなと思いました。テレビからは伝えられる事がない音楽ほど、いい音楽が眠っていると勝手に信じて疑わない俺は、もし最近音楽とか聞いてないという人がいたら「A Mirage In The Sun」を無理矢理聞かせて行こうと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする