Anker SoundCore Boost

昨今、何でもスマホやタブレットで済ます事が多いと感じています。音楽も動画もサラッとスマホで、みたいな人も多いかと思います。

Anker SoundCore Boost (20W Bluetooth4.2 スピーカー スタイリッシュデザイン)【迫力ある低音 / IPX5防水規格 / モバイルバッテリー機能搭載】 A3145011

しかし、スマホやタブレットから出る音ではちょっと、とか、もっと音量が欲しい、といった人もいるんじゃないかと(自分もそんな感じです)。でもイヤホンでは聞きたくない、どうすればいいんだ。

そこで自分の欲望リストに入っていた「Anker SoundCore Boost」を購入致しました。

iPhoneにおすすめ!AAC対応 Bluetooth イヤホン 対応機器のまとめ
自分で初めて、Bluetoorhイヤホンを使ってみて、無線のありがたみを物凄く体感してしまいました。なので、次に向けて個...

そして、初めてのBluetoothスピーカーでもある「Anker SoundCore Boost」を個人的にアレコレ語りたいと思います。

スポンサーリンク

Bluetooth スピーカー

そもそもBluetoothイヤホンを使ってから、無線はいいなとか、それまで有線じゃないと認めないという考え方を改めました。

JPRiDE JPA1 MK-II
JPRiDE JPA1 MK-IIを実際に使ってみた感想や、イヤーピースを変えた感想などを書いています。

そして今回、「Anker SoundCore Boost」を購入、使用してみて思った事は、さっさと使っておけばよかった!!という、その一言に尽きます。

スピーカーは定位置において、前に陣取って音楽を聞く。その考え方自体が古いと思ってしまうぐらい、スピーカーを持ち運び出来るというのはいいですね。サイズも500mlのペットボトルぐらいの感覚です。

自分のいる場所にスピーカーを設置できるというのは、癖になりそうというか、どんどん怠け者になっていく感覚があります。

Anker SoundCore Boost 音質

で、肝心の音の方はどうなんだ?という事ですが、家で使っているスピーカーは「YAMAHA MSP3」なんですが、それとの比較をしたいと思います。

まず「YAMAHA MSP3」は限りなく標準の音、味付けのない音だと思うのですが、「Anker SoundCore Boost」は、やはり低音域が強いのかなと思います。低音域に合わせて中音域も強めに出ているように聞こえます。

低音を強化できるBassUp機能もあり、非常にクラブ系・EDMなどを鳴らすには相性がいいと思います。TB-303系のベースが超美味しく鳴るので、そこは高評価。ロックなどでもスネアが気持ち良く鳴りますね。

しかし、中音域低音域を強化したため高音域は少し犠牲になっているかな、とも思いますが、屋内だけでなく屋外でも使う事も考えるとそういった味付けにするのも納得できます。

物凄く聞き比べて(素人耳ですが)高音域が他に比べて少し弱いかな、ぐらいなので普通の人なら気付かないレベルかと思います。むしろ中音域も中々出るのでボーカルなど歌声がよく鳴りますね。

低音域が強いと感じればBassUp機能をオフに、物足りなければオンに出来るので調整出来ますが、「Anker SoundCore Boost」の良さを活かすなら、個人的にはずっとオンにしていると思います。元気の良い音を提供してくれます。

しかし、最初にBluetooth接続して音を鳴らした時に音量が大きすぎてビックリしました。スマホやタブレットの音量は小さめにしておくといいかと。個人的な室内環境だとスマホの音量が20%ぐらいでも十分なぐらい音量が出ます。

iPhoneだとミュージックアプリの巻き戻しぐらいの位置で十分なので、大音量も出そうと思えば出せるでしょう、大きすぎるので使いませんが。音量については文句の付けどころがないですね。

Anker SoundCore Boost 製品仕様

さらっとまとめると

  • 防水規格:IPX5
  • Bluetooth規格:v4.2
  • 5200mAhのリチウムイオンバッテリー、最大12時間連続再生。モバイルバッテリーとしてUSB機器の充電可能
  • オーディオ出力:10W x 2
  • サイズ:204 x 72 x 69 mm
  • 重さ:約585g
  • AUX経由での接続可能

本当にさらっとまとめましたが、「AUX経由での接続可能」なので、テレビやBluetoothを搭載していないPCのスピーカーとしても使えます。ですが付属品はUSBケーブル1本だけなので、接続したい場合はオーディオケーブルが必要です。普通の家には余ってないと思うので必要な人はついでにAnkerで揃えるのもいいかもしれません。

さらに言うなら付属品はUSBケーブル1本だけなので、充電するのに困るかもしれません。個人的には「eufy Lumos e1」でするので問題ないのですが

eufy Lumos E1 LEDデスクライト
暗い、卓上が。足りない、USBが。 その二つを同時に解決出来そうという事で「eufy」の「Lumos E1」を購入して...

充電する機器がないという人は、これまたAnkerで揃えてもいいかもしれないですね。

総評

最初は「Anker SoundCore 2」でいいんじゃないかと思っていました。

しかし、上位機種である「Anker SoundCore Boost」もある、うーむ・・・と悩んだのですが、大は小を兼ねるとも言うし思い切ってこちらにしました。

後で後悔するぐらいならと思ったのですが、十分な満足度です。より持ち出す機会が多いという人は連続再生24時間の「Anker SoundCore 2」がいいかもしれません。家で使う事が多いかもという人には「Anker SoundCore Boost」を力強くオススメします。

iPhoneにおすすめ!AAC対応 Bluetooth イヤホン 対応機器のまとめ
自分で初めて、Bluetoorhイヤホンを使ってみて、無線のありがたみを物凄く体感してしまいました。なので、次に向けて個...