低音重視なBluetoothイヤホンを比べてみる

手持ちのBluetoothイヤホンが増えて来たので、色々比較とかしてみようかと思います。

JVC HA-FX101BT Bluetoothイヤホン XXシリーズ/重低音/ワイヤレス/小型・軽量設計 レッド HA-FX101BT-R

今回は「低音重視」や「低音強化」を売りにしているBluetoothイヤホンを比べてみて、個人的にアレコレ語ってみたいと思います。

スポンサーリンク

比較するBluetoothイヤホンの候補

現在の手持ちで比較します。対象は

です。

もっと所持している数が増えたら対象を増やすかもしれません。

機能面で比較してみる

低音や音質がどうこう言う前に、まずBluetoothイヤホンとしての機能面を比較してみたいと思います。

対応している音声コーデック

SBC apt-x AAC
Tronsmart Flair
SoundPEATS Q30 ×
JVC HA-FX101BT × ×

対応している音声コーデックは「Tronsmart Flair」が1番多いですね。

再生時間と防塵防水

再生時間 防塵防水
Tronsmart Flair 約12時間 IP56
SoundPEATS Q30 約8時間 IP76
JVC HA-FX101BT 約4.5時間

Bluetoothイヤホンはバッテリーの持ちは非常に大切だと思います。外で使っててバッテリー切れとか、音楽スキーにはありえません。

そういった面で優秀なのは「Tronsmart Flair」ですね。逆に「JVC HA-FX101BT」は非常に時間が短いです。

防塵防水では「SoundPEATS Q30」が非常に優秀です。「JVC HA-FX101BT」にはそういった表記がありませんでした。

機能面だけを総合的に見ると「Tronsmart Flair」と「SoundPEATS Q30」はバランスが取れています。

しかし「JVC HA-FX101BT」はどうしたんだ?超ダメな子に見えると思います。逆に言うなら機能面を犠牲にして音にこだわった、とも言えます。

イヤホン本体のサイズが1番小さいのは「JVC HA-FX101BT」なので、あまり耳から飛び出しているのは嫌だという人にはいいかもしれません。

音質で比較してみる

「低音」を語るBluetoothイヤホンなんだから「低音」で比べろよ!と思われそうなので、あくまでも個人的に使用した感想で語ってみたいと思います。

とりあえず5段階までの数字で比較してみると

低音域 中音域 高音域 不自然度
Tronsmart Flair 3.5 3 3 3
SoundPEATS Q30 4.5 3.5 3.5 4
JVC HA-FX101BT 4.5 4 4.5 2

個人的なイメージを分かりやすく数字にすると、こんな感じかと。

「不自然度」というのを書きましたが、分かりやすく言うと聞いてる楽曲は元はそんなに低音出てないのに低音を強化した事により何かちょっと変かも、という感じです。

Tronsmart Flair

Tronsmart Flair
色んなBluetoothイヤホンが発売される中、自ら身を投じていくスタイルで気になった物をアレコレ語っていますが今回は Tronsmart社の「Tronsmart Flair」について、個人的にアレコレ語ってみたいと思います。...

低音強化の割には実は中音域も強化してるというか、そこまで低音強化でもないのかなとか思ったりします。もちろん普通のBluetoothイヤホンよりは低音は強いと思いますが、自重した感じがしなくもないです。

レビューにも書きましたが、もうちょっと高音域がはっきりしていれば、いい感じにバランスが取れたと思います、個人的にですけども。

SoundPEATS Q30

SoundPEATS Q30
評判が良い上に低音重視を押すモデル「SoundPEATS Q30」。どのぐらい低音重視なのか、聞いてみたかったのです。 そんな訳でついに購入した「SoundPEATS Q30」について、個人的にアレコレ語ってみたいと思います。...

もっとも低音が前に出ているのは「SoundPEATS Q30」だと思います、低音スキーなら大満足でしょう。俺だよー、俺が低音だよー、ってぐらい低音が前に出て来ます。

しかし物凄い低音により楽曲のバランスを崩すほどではありませんが、不自然ではあります。こんなに低音出てる曲じゃねーよ、と思ってしまう人がいるかもしれない。

JVC HA-FX101BT

JVC HA-FX101BT
ついに「JVC」からBluetoothイヤホンのエントリーモデルである商品、しかも重低音が売り文句の「XX」シリーズが登場しました。 「JVC HA-FX101BT」、ネックバンド型ではない左右一体型のBluetoothイヤホ...

バッテリーの持ちは短く、防塵防水性能も特にない、何が出来るんだよ!!と思われていたであろう「JVC HA-FX101BT」ですが、音のバランスがすごいです。

レビューにも書きましたが、自然、ナチュラルに感じるんです。低音マシマシなのに不自然さを感じない、高音域も中音域も出てる。とんでもなく音全体のバランスがいいと思います。

他社製品と比べて機能面を全力で捨てているように感じていたのですが、これが俺の「音」や、おうドヤァ!!って作った人は思ってるのかなと思いました。まぁバッテリーはすぐになくなりますけどね。

まとめ

まずは低音が強化されている事は前提として、次に何を求めるのかによると思いました。

  • 機能面で優秀で低音マシマシがいいのなら「SoundPEATS Q30」
  • 低音強化されつつロングバッテリーなら「Tronsmart Flair」
  • とにかく低音強化かつ音質重視なら「JVC HA-FX101BT」

もちろん他の人が聞けば違う意見が出るとは思いますが、個人的にはこうなりました。全国の重低音愛好会の人の参考になればいいかなと思います。

iPhoneにおすすめ!AAC対応 Bluetooth イヤホン 対応機器のまとめ
自分で初めてBluetoorhイヤホンを使ってみて、無線のありがたみを物凄く体感してしまいました。なので、次に向けて個人的な感性に引っかかったものをまとめておこうと思います。 実際に自分で使ってみておすすめ出来る物、購入してみ...
Bluetoothイヤホンのレビューまとめ
色んなBluetoothイヤホンなどのレビューとか書いていると、一体どういうのをレビューしたのか自分で分からなくなってきた気がしなくもない。 これからもレビューは増えるでしょう、多分。 なので個人的にアレコレ語ってきたBluet...

コメント