JVC HA-FX101BT

ついに「JVC」からBluetoothイヤホンのエントリーモデルである商品、しかも重低音が売り文句の「XX」シリーズが登場しました。

JVC HA-FX101BT Bluetoothイヤホン XXシリーズ/重低音/ワイヤレス/小型・軽量設計 レッド HA-FX101BT-R

「JVC HA-FX101BT」、ネックバンド型ではない左右一体型のBluetoothイヤホン出ないかなと、ずっとずーっと自分は待っていました。

なので今回は「JVC HA-FX101BT」について、個人的にアレコレ語ってみたいと思います。

スポンサーリンク

音声コーデック

「JVC HA-FX101BT」に対応している音声コーデックは標準の「SBC」のみです。「AAC」も「apt-x」も対応していないので、Androidの人もiPhoneの人も条件は同じになります。

納得出来る音を聞く事が出来れば「SBC」でも問題ないと、今現在の自分は思っています。もちろん対応していた方が嬉しいですけども。

JVC HA-FX101BT

「XX」シリーズと言えば、重低音を売りにしている「JVC」のイヤホン等のブランドです。

時代を作ったと個人的には思っていますが、それを知っている人は低音好きは回避不可能なブランドなんです。

その「XX」シリーズでようやくネックバンド型ではない、入門機に最適な価格のBluetoothイヤホンが「JVC HA-FX101BT」として登場です。

カラーリングもレッド、ブルー、ブラック、ホワイトの4色あり、好みの色を選択出来るのもポイントだと思います。

音質

今までの「XX」は重低音だ、というイメージを持ちながらのまず最初の感想は、「ああ、期待を裏切らないな」という一言です。

「JVC」の長年のこだわりをBluetoothイヤホンのエントリーモデルで体験したいと個人的に思っていた希望を満たしてくれる音で安心。

低音も唸るような低音ですが、低音だけが前に出過ぎて他が分からなくなるという事は全くない、いつもの「XX」の音を提供してくれます。広がる系の低音域ですが、全体の音をその低音域で包み込むような感じです。

言葉に例えるのが難しいのですが、あえて言うなら「自然な重低音」。無理矢理に低音を強くしましたよ、という不自然なバランスが感じられるイヤホンも多い中、「JVC HA-FX101BT」は不自然さを感じない。

元から低音域の強い楽曲を低音重視のイヤホンで聞くと低音が溢れすぎてよく分からなくなるという事がありますが、それが全くない。なので「自然な重低音」という表現になってしまいます。

高音域も中音域も潰される事なく「重低音」してくるのがたまらないです。「The Glitch Mob」とか聞いてると時間が過ぎるのを忘れそうになってしまう。

2018年3月11日 追記

音量が小さい、と感じる人は「JVC HA-FX101BT」での音量を上げるといいと思います。スマートフォンなどの音量と「JVC HA-FX101BT」の音量は別なようです。

イヤーピースを交換

標準で付いてるイヤーピースで何も不満がありませんでした、もう変える必要ないんじゃないかなと思うぐらいです。

イヤーピースを交換してみませんか?おすすめをまとめてみる
イヤホンの音が気に入らない、新しく買ったのに思っていた音とは違う、何か気分変換してみたい。そんな風に思った事はありませんか? 理由はアレコレあると思いますが、ほんの少しだけ変えるだけで今聞いている音が大きく変わる、かもしれない...

時間が取れた時に更新したいと思います。

(2018年2月25日更新)

Comply

Comply(コンプライ) Tx-500 イヤーピース 3ペア Mサイズ ブラック HC19-50101-01

手持ちは500シリーズですが、「JVC HA-FX101BT」には装着不可能でした。もう少し穴が大きいのでないとダメそうです。

JVC Spiral Dot

「JVC HA-FX101BT」に装着可能。というか標準のイヤーピースが「Spiral Dot」でない事に驚き。高音域がより元気に聞こえる気がします。

final Eタイプ イヤーピース

「JVC HA-FX101BT」に装着可能。あまり高音域の補正がされているようには聞こえないような。

茶楽音人 SpinFit

カナル型イヤホン用 シリコンイヤーチップ SpinFit Mサイズ 赤色 4個入り「JVC HA-FX101BT」に装着可能、結構ギリギリな感じですが。しかし、これはかなり合いますね、良いところをさらに良くしていると思います。装着感もバッチリです。

オーディオテクニカ SOLID BASS スペアイヤーピース

audio-technica SOLID BASS スペアイヤピース M ブラックレッド ER-CK50M BRD

「JVC HA-FX101BT」に装着可能。ですが音色過多な楽曲ですと、標準のイヤーピースから交換した効果がいまいち分からないような気がします。

ソニー ハイブリッドイヤーピース

ソニー SONY ハイブリッドイヤーピース EP-EX11M : Mサイズ 4個入り ブラック EP-EX11M B
「JVC HA-FX101BT」に装着可能。これも結構ギリギリで装着出来る感じです。密閉感がかなり良くなり低音マシマシな気がします。

結局どのイヤーピースが一番いいのか?

重低音が売りの「XX」シリーズ、「JVC HA-FX101BT」ですが個人的にイヤーピースを交換するのなら「SpinFit」か「ソニーハイブリッドイヤーピース」ですね。次点で「Spiral Dot」でしょうか。

元が低音重視のバランスなので、余計な事したら音が崩れるように聞こえました。

まとめ

エントリークラス、入門機ぐらいの価格で重低音志向のBluetoothイヤホンを探しているという人には「JVC HA-FX101BT」を全力でおすすめします。

「SBC」しか対応していないから嫌だ、という人は一度騙されたと思って聞いてほしいですね、それぐらい気に入りました。

iPhoneにおすすめ!AAC対応 Bluetooth イヤホン 対応機器のまとめ
自分で初めてBluetoorhイヤホンを使ってみて、無線のありがたみを物凄く体感してしまいました。なので、次に向けて個人的な感性に引っかかったものをまとめておこうと思います。 実際に自分で使ってみておすすめ出来る物、購入してみ...
Bluetoothイヤホンのレビューまとめ
色んなBluetoothイヤホンなどのレビューとか書いていると、一体どういうのをレビューしたのか自分で分からなくなってきた気がしなくもない。 これからもレビューは増えるでしょう、多分。 なので個人的にアレコレ語ってきたBluet...
低音重視なBluetoothイヤホンを比べてみる
手持ちのBluetoothイヤホンが増えて来たので、色々比較とかしてみようかと思います。 今回は「低音重視」や「低音強化」を売りにしているBluetoothイヤホンを比べてみて、個人的にアレコレ語ってみたいと思います。 比較...

コメント