BONNIE PINK / Even So

今までレビューしてない感じ?のジャンルをやってみようと思います。



ひょっとしたら知らない人がいるかもしれない「BONNIE PINK」です。
基本的にテレビとかで見かける事がないので、最近はどうしてるんでしょうか。アルバムも久しく出てないと思います。

そもそも「BONNIE PINK」とか、基本ポップでメタルとかロックとか激しいのが好きな人間には合わないだろうと、自分自身も思っていたのですが以外に合う。何と言うか、出てる音がポップじゃなくて、ロックというかブルースというか、とにかく異質に聞こえました、個人的にですけども。

よくよく調べてみるとプロデューサーが「トーレ・ヨハンソン」の物はだいたい好みな感じですね。

ジャンルは基本ポップだと思うのですが俺の耳を通すと違うように聞こえるようで、よく聞くアーティストの一人となっています。

そして今回、レビューしようと思うのは2004年に発売されたアルバム「Even So」です。

スポンサーリンク

Even So

「JUJU」がカバーした「Last Kiss」が収録されています。新しく知った人にはそちらの方が分かりやすいかと。

というか、いつカバーされたんだろうか?というぐらい世間に疎い・・・

俺の耳を通すとこの曲はロックになります。むしろこれがロックでなくて何なのか。

そもそも「Even So」全体を通して、俺の耳を通すと8割ロックに聞こえます。曲調も明るめのはあまりなく、クールな感じ、カッコイイ感じの物が多いと思います。決して明るくない、という意味ではないのですが、良い言葉が浮かばない。

アルバムとしてはポップのはずなのに、聞いてみると全然ポップポップしていないからか、非常に俺好みのアルバムで未だに聞いています。死んだら棺桶に入れて欲しい一枚にノミネートするぐらい聞いている気がします。

音楽が好きで、もし聞いた事がない人がいたら是非聞いてみて欲しい1枚です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク