サッカー日本代表 11月W杯アジア最終予選 メンバー発表

今日、11月のW杯アジア最終予選のメンバーが発表されました。
ぱっと見た感じ今までと少しは選ぶ基準が変わったみたいです。

スポンサーリンク

新しい基準?

これまでは、まぁ見た名前、有名というかよく取り上げられる選手が多かったように思います。ですが、どうもW杯出場に危険信号が点灯しつつある今、多少は変化をせざるを得なかった、という風にも見て取れます。

その内容は、

GK 3名

西川周作 30 浦和
東口順昭 30 G大阪
川島永嗣 33 メス

DF 8名

長友佑都 30 インテル
酒井宏樹 26 マルセイユ
酒井高徳 25 ハンブルガーSV
槙野智章 29 浦和
森重真人 29 FC東京
吉田麻也 28 サウサンプトン
丸山祐市 27 FC東京
植田直通 21 鹿島

MF 7名

長谷部誠 32 フランクフルト
永木亮太 28 鹿島
山口蛍 26 C大阪
香川真司 27 ドルトムント
清武弘嗣 26 セビージャ
井手口陽介 20 G大阪
小林祐希 24 ヘーレンフェイン

FW 7名

本田圭佑 30 ACミラン
原口元気 25 ヘルタ
岡崎慎司 30 レスター
浅野拓磨 21 シュツットガルト
大迫勇也 26 ケルン
斎藤学 26 横浜
久保裕也 22 ヤングボーイズ

というメンバーになります。

より試合に出ている選手が増えた、といった印象です。宇佐美選手とか試合に出てない選手が選ばれていた状態がおかしかっただけだと思いますが、いかに実績・実力があれど、どうしても外せない選手でなければ試合に出ていないと呼ばれるのは不思議に感じてしまいます。

そして、ついに、ようやく、大迫選手が選ばれました。半端ないって早く言いたい。あと久保選手は京都所属以来の代表ですかね、ちょっと記憶が曖昧なところがありますが久しぶりの選出です。

初の代表として井手口選手が選ばれました。若い選手が入るのも重要なポイントだと思うので、もっと若い選手を選んでも良かったのかなとか思いますが、これ以上入れるとバランス崩れるのかとかも思ってしまう。

11月は11日にオマーンと親善試合、15日にサウジアラビアとの最終予選ホームでの試合。特に15日はホームなので勝つのが前提として、1点でも多く点を取り得失点に影響を持たせたいところだと思います。

親善試合はいつものメンバーとかは使わないで試すところは試し切り、本番に備えて欲しいところですね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする