BOOM BOOM SATELLITES / LAY YOUR HANDS ON ME

今年2016年の楽曲ですが、これも個人的にはレビューしたかったのでしようと思います。

スポンサーリンク

「BOOM BOOM SATELLITES」

知らない人にはこれは何と読むんだ?となるに違いないと思うんですが(俺自身もそうでした)カタカナで表記すると「ブンブンサテライツ」です。
その歴史は古く1990年代から活動し、今年、2016年5月で活動を終了しました。非常に惜しまれながらの活動終了で、個人的にも本当に残念でした。

音楽の種類としては簡単に言うとロックとテクノとかの融合という感じです。今風?だとデジロックとかになるのか。有名どころで言うとプロディジーとかになるんでしょうか、出てる音はだいぶ違うと思いますがイメージ的にはそう思います。

LAY YOUR HANDS ON ME

そんな「ブンブンサテライツ」の最後の作品が「LAY YOUR HANDS ON ME」です。
今までの集大成、その全てがこの作品に詰まっていると思います。ただ、レビューをする上で今までの歴史、活動を終了する理由を知っているのと知っていないのでは、おそらく物凄く変わってしまうと思いますので、知らないのを前提でやってみようかなと。

全4曲なのですが、全体を通して「綺麗な、透き通った」音が多く、とてもさわやかな感じがします。耳障りが非常によいと言うべきでしょうか、心地よい音が散りばめられています。
男性のボーカルは全編英語の歌詞なのですが、声も透き通るようで高めです。使われている音、歌声、その全てを合わせて聞いてさらに爽やかさ、透明さが増す、という印象が本当に強く与えられます。

また、4曲の曲順が本当に素晴らしく、この作品を聞く際には順番を変えてはいけない、と感じてしまうぐらい完璧だと思います。
1曲目が高揚感のある曲調でありながらも透き通る感じは失わなず、2曲目で男性ボーカルがメインとなり、そこに合わさるピアノの音がとてもいい。3曲目ではストリングスと男性のコーラスが絡み合うように流れ、キックなどの打楽器は一切なく、その流れのまま4曲目に入り、キックが入ってくる。
この流れを聞いていると、いつ3曲目から4曲目になったのかは再生データを見ていないと気付かないぐらい自然です。キックを聞いて、ああ、違う曲になったのかと気付くほど。そして音数が減っていき、男性ボーカルのコーラスが幾重にも重なり、そのコーラスも徐々になくなり、最後に男性ボーカルの吐息で終了。リピート再生にしていると、4曲目の最後の方の音と1曲目の最初の音が同じ感じであるという事に気付きます。ずっとリピートしていられます。

書いてて、だいぶ自分でも無理したなと思う文章で、本当にどうしようもないな。

言いたかった事は、お疲れさまでした、今まで沢山のカッコいい曲の数々、本当にありがとうございました。
これにつきます。

(2016年10月11日追記)

BOOM BOOM SATELLITESの川島道行さん(Vo, G)が、10月9日に脳腫瘍のため亡くなったことが発表されました。

謹んでお悔やみ申し上げます

感謝度:★★★★★
家宝度:★★★★★
もう新しい曲を聞けないのは寂しいです:★★★★★

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする