RHA MA650 Wireless

さぁ、色々なBluetoothイヤホンを聞いて来てそろそろ次のステージに行きたくなったんじゃないでしょうか?主に自分がですが。

RHA MA650 Wireless Bluetooth イヤホン aptX/AAC対応/NFC搭載 601033 【国内正規品】

初めてのBluetoothイヤホンの次として、勿論初めてでもいいと思いますが、今回はRHA社の「RHA MA650 Wireless」についてアレコレ語ってみたいと思います。

スポンサーリンク

RHAってどんなメーカー?

RHA社は英国のオーディオ専門会社です。真に迫る音楽再生と高い耐久性を誇る品質を追求、これらを製品価値の核心と考え、可能な限り最も正確で、心地よく、耳障りとならないリスニング体験をお届けできるよう努めています。すべての製品は高品位の材質と、高精度の工学技術、妥協のないデザイン設計を併せ持っています。

まだそんなに老舗ではないメーカーですが、有線イヤホンのMA750の登場で一躍有名になったような気がしなくもありません、あくまで自分の回りだけですけども。もうずっとMA750でいいわ・・・という人が続出したような記憶があります。

製品に対するこだわりを感じる、非常に優れたメーカーだと思います。

「RHA MA650 Wireless」の仕様

  • ドライバー:ハンドメイドダイナミックドライバー(380.1)
  • ハウジング筐体:ハイグレード6063アルミニウム
  • 周波数特性:16Hz~22,000Hz
  • バッテリー:約12時間
  • コーデック:AAC、apt-x、SBC
  • ペアリング:Bluetooth、NFC
  • 防水規格:IPX4
  • リモコン&マイク:マイク付ユニバーサル3ボタンリモートコントロール
  • 重量:33g
  • 付属品:USB A – USB Cケーブル、イヤーピース(コンプライ含む8セット)、キャリーケース
  • メーカー保証:3年

まず言いたいのは「メーカー保証3年」、製品に絶対の自信がなければこれは言えないと思います。対応コーデックも「AAC」「apt-x」と機種を問わず、Androidの人もiPhoneの人も安心です。

ドライバー、ハウジング筐体、まぁ音を鳴らすところですがハンドメイドとあります。イヤホンはここが全てと言っても過言ではないと思いますが、RHA社はここの評価が非常に高いです。どこかで使われた何かじゃないよ!!全部こだわって自分で作ってるんだよ!!という強い意志の表れかなと思っています。

音質

メーカー公式に周波数特性があったので載せてみますが、見にくいな・・・気になる人はメーカー公式ホームページをご覧ください。

左の方が低音域で右に行くほど高音域です。

まぁ、とにかく実際に使ってみるか!

最初に聞いてやはり思うのは、音の表現の細かさ。今まで聞こえてこなかった音が聞こえるという、その部分が大きいです。特に高音域、シンバルやハイハットなどの音が非常に聞こえます。しかし、人によっては聞こえすぎると思うかもしれません。

中音域、主にボーカルですが息継ぎの細かな音や、ライブやフェスに行った事がある人なら分かると思いますが、ライブの準備のマイクチェックの時に「ツェー」「ツァー」とか聞いた事があると思います。その部分の音がより聞こえます。ここもやはり細かな部分まで聞こえますね。

低音域は広がる感じではなく、どちらかと言うと引き締まった感じの音が鳴ります。エレキギターとかのギュワーンとかがギュワァアオァーンみたいな、続いている音の細かいニュアンスも分かります。この演奏はこんな表現をしていたのか、と気付く事もあるかも。

全体として繊細ながらも元気のいい音だと思います。

イヤーピースを交換してみる

付属品が充実しているので、もはや交換する必要がないとも思うのですが一応装着出来るかどうかぐらいでしてみたいと思います。

コンプライは付属品にあるので、それ以外でやってみます。

イヤーピースを交換してみませんか?おすすめをまとめてみる
イヤホンの音が気に入らない、新しく買ったのに思っていた音とは違う、何か気分変換してみたい。そんな風に思った事はありませんか? 理由はアレコレあると思いますが、ほんの少しだけ変えるだけで今聞いている音が大きく変わる、かもしれない

JVC Spiral Dot

そう、「Spiral Dot」じゃないと始まらない。

「RHA MA650 Wireless」にも装着可能。ていうか、あれ?すっごい音質が変化したように感じなくもない。よりズバッズバのキレッキレに。

final Eタイプ イヤーピース

「RHA MA650 Wireless」にも装着可能。高音域がマイルドになった気がしなくもない、気がします。

茶楽音人 SpinFit

カナル型イヤホン用 シリコンイヤーチップ SpinFit Mサイズ 赤色 4個入り

「RHA MA650 Wireless」にも装着可能。しかし、全高が高くなり、自分は装着感が不安定になってしまう・・・

オーディオテクニカ SOLID BASS スペアイヤーピース

audio-technica SOLID BASS スペアイヤピース M ブラックレッド ER-CK50M BRD

「RHA MA650 Wireless」にも装着可能。引き締まった低音域を引き延ばそうとしてみる時に使ってみる感が強くなってしまった、自分の中でだけですが。

ソニー ハイブリッドイヤーピース

ソニー SONY ハイブリッドイヤーピース EP-EX11M : Mサイズ 4個入り ブラック EP-EX11M B
「RHA MA650 Wireless」にも装着可能です。

「RHA MA650 Wireless」のイヤーピースを変えるなら、自分の耳の形と「RHA MA650 Wireless」の形状、その二つを合わせて安定感も考えると「Spiral Dot」か「ソニーハイブリットイヤーピース」のどちらかかな。

まとめ

一度Bluetoothイヤホンを使って、もう少し良い音も聞いてみたい、初めてだけど最初から良い音で聞きたい、RHAというメーカーに興味がある。

どれでもいいですが、「RHA MA650 Wireless」を選んで後悔をする事はないと思います。一度良い製品を使うと後戻り出来なくなる可能性がありますが、良い音楽を良い環境で聞きたいという欲望に答えるのも悪くないですよ、そしてその一歩目に「RHA MA650 Wireless」は最適だと思います。

RHA MA750 Wireless
以前レビューした「RHA MA650 Wireless」の上位機種である「RHA MA750 Wireless」 今回はRHA社の「RHA MA750 Wireless」についてアレコレ語ってみたいと思います。 「RHA M
RHA MA650 WirelessとMA750 Wirelessを聞き比べてみた
「RHA MA650 Wireless」と「RHA MA750 Wireless」、その二つを聞いてみて、ただの下位機種・上位機種の関係ではないな、と思いました。 同じ「RHA」社製のBluetoothワイヤレスイヤホ
iPhoneにおすすめ!AAC対応 Bluetooth イヤホン 対応機器のまとめ
自分で初めてBluetoorhイヤホンを使ってみて、無線のありがたみを物凄く体感してしまいました。なので、次に向けて個人的な感性に引っかかったものをまとめておこうと思います。 実際に自分で使ってみておすすめ出来る物、購入してみ

 

コメント