Matryoshka / Laideronnette

ちょっと音楽の方向性がこっち方面に向いたと思うので、今回レビューしたいと思ったのは「Matryoshka」の2枚目のアルバム、2012年の作品「Laideronnette」です。

Laideronnette

どう読むの、これ?
という疑問に対して「マトリョーシカ」の「レドロネット」、とお答えします。まぁ、Wikiに聞いたんですが・・・

ジャンルとしては、これまた分類するのが難しいのですが、個人的にはアンビエント、エレクトロニカが主体としながらもロック的な要素もあるかも?といった印象です。

今の時代、やっぱり細かいジャンル分けとか意味ないと思っているので、「Matryoshka」はエレクトロニカという事に個人的にはしたいと思います。

スポンサーリンク

Laideronnette

今作「Laideronnette」は、前作「zatracenie」と違い生音・生演奏の音が格段に増えたように思います。(ちなみに「zatracenie」は「ザトラツェニェ」と読むらしいですが)

zatracenie

生演奏成分が増えた事で、エレクトロニカとか苦手だ、という人にも聞きやすい作品になっています。ヒーリングミュージックだと言われても納得してしまうかもしれないです。

全曲ボーカルありなので、歌がないとダメだ!!という人も安心です。全曲日本語ではありませんが。ただ、言語とかは正直どうでもいいと、一度聞いたら分かると思います。

「Matryoshka」は日本人2名によるユニットなのですが、こんなに素晴らしい音楽を作る人がいるのかと、驚かざるを得ませんでした。

全体を覆う物悲しさ、退廃感というか空虚感というか、どこまでも落ちていく感覚に捕らわれます。しかし、マイナスイメージという訳でもなく、最後には救いが待っているという感じです。

あまりに自分の言葉のボキャブラリーが貧しすぎて表現するのが難しいのですが、それ以外の言葉が思いつかない・・・儚くて空しくて美しい世界を構成するような音、とか。

個人的には「Noctambulist」に自分の言いたかった事が集約されているかな、と思います。

まとめ

何か安らぎを得たい、もう泥のように眠りたい、そんな時に聞くのをオススメします。

そしてアマゾンプライムに「Laideronnette」がありました。(2016年12月13日現在)
プライム会員の方は絶対に一度は聞いてみて欲しいと、強く言ってみます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする