ONE OK ROCK / Ambitions

最近、勢いを増している「ONE OK ROCK」の新アルバム「Ambitions」についてレビューしたいと思います。

Ambitions 初回限定盤(CD+DVD)

正直、ライブは2015年にフェスで1回しか見た事がないのですが、その時に感じる物があったのでそれから聞いています。ちなみにフェス見た後にCD買って帰りました。

スポンサーリンク

Ambitions

いつもアルバムの前情報とか仕入れたりしないのですが、NHKでサッカー見てたら今年のテーマソングは「ONE OK ROCK」です!という感じで流れていたのですが、その曲が物凄くカッコよく、これはすぐに聞きたいなと思っていました。

そしてミュージックビデオも公開されたのですが

か、カッコいい!!この「We are」は最高だな!!としか言えないです。

この感じは初めて「Clock Strikes」を見た時と同じだなぁ、と思いました。純粋に何も考えずにカッコいいと思える音楽が最近減ったように個人的には思えるので、本当にこの姿勢で通しているのはすごいと思います。

もし「Clock Strikes」を知らない人がいたら、その人のためにミュージックビデオも紹介しておきます。

いつ見てもカッコいいですね、「Clock Strikes」

そして「Ambitions」を購入。日本語にすると「野望」ですね、実にストレート。

で、全部を通して聞いた感想が、今回は早い曲がないんだな、という事です。正確には走っている曲調がない、でしょうか。あくまで前作「35xxxv」と比べてですが、そう感じます。より力強く、がっつり聞かせるというように思えます。

前作「35xxxv」が日本のロックと海外のロックの間を行ったり来たり、といったイメージだったのですが、今作「Ambitions」はかなり海外を意識した「野望」があるのか、80%ぐらいは海外ロックな感じがします。

そして、全く前情報を仕入れていない自分が「Avril Lavigne」が参加している楽曲があってビックリしました。「ONE OK ROCK」の楽曲に参加しても、しっかり「Avril Lavigne」を主張しているのですが、違和感を感じないので非常に上手くいったコラボレーションではないかと感心しました。

ちなみに「Avril Lavigne」の楽曲はアマゾンプライムにあるので、会員の方なら聞いてみたらどうですかと言いたいのですが、アルバム事の作風が違いすぎて聞いたらガッカリしてしまうかもしれません。

Amazon プライム
こんなもの今さら語られてもしょうがない、と言われても本当にその通りなのですが、これから色々語る上で言っておかなければなら...

もし聞くのなら個人的なオススメは「Let Go」、「Under My Skin」

Let Go Under My Skin

この2枚になります。その他のアルバムについてはノーコメントで。

少し話が外れてしまいましたが、今作「Ambitions」は物凄く頑丈な芯を手に入れたんじゃないかと思います。とてつもなく骨太な音を鳴らしていると思います。日本に今、こんなロックしてるバンドいないんじゃないだろうか。(知らないだけかもしれないのですが)

レビューまとめ

どうまとめようか、ちょっと悩みましたが世界を相手にやり合っていく基礎がどんどん出来上がっていく段階を見てる感じがして、早くも次はどうしてくれるのかという期待の方が大きくなってしまいます。

もし、まだ「ONE OK ROCK」を知らないというのなら、今からでも遅くありません。新しい音楽を聞いてみるべきだと思います。

ちなみに今作「Ambitions」で今のところ、お気に入りは「We are」と「Lost in Tonight」です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする