【TWS】切れ味鋭い音で重低音「Skullcandy Push」レビュー【完全ワイヤレスイヤホン】

「Skullcandy」より初めての完全ワイヤレスイヤホン

「Skullcandy Push」が発売されました。

数多くあるイヤホンなどのメーカーの中で、独特な存在感の「Skullcandy」の製品を今まで使った事はありませんでした。

そんな「Skullcandy」の初の完全ワイヤレスイヤホンを試してみないなんて、どうかしてるぜ!!

という訳で今回は「Skullcandy Push」について、個人的にアレコレ語ってみたいと思います。

スポンサーリンク

対応している音声コーデック

「SBC」だけです。

だから「AAC」や「apt-x」に対して、音が劣るのか?

という訳ではないと思います。本体の出来が一番、音質に左右されると思います。個人的には本体の出来を重要視しています。

Skullcandy pushの機能・特徴

パワフルなワイヤレス

Pushならケーブルがないフルワイヤレスの解放感とパワフルなサウンドを同時に体験できます。

突き抜けるようにパワフルな低域とSkullcandyらしいメリハリの効いたサウンドが従来のフルワイヤレスのイメージ(境界線)を超えてゆきます。

  • 本体で6時間再生、充電ケースで6時間充電可能、計12時間
  • 独自のSecure FitFinイヤージェルで耳に固定
  • ドライバーサイズ9.2mm
  • 通常の完全ワイヤレスイヤホンとは違い、イヤホン本体の上にアンテナ

ちょっと残念なバッテリーケースの充電量

最近の完全ワイヤレスイヤホンは本体の再生時間の3倍ぐらいケースで充電できる物が多いのですが、「Skullcandy Push」に関しては本体と同じぐらいしか出来ません。

良く使う人なら1週間に何回も充電する必要が出て来るかも。

ガッチリと固定出来る「FitFin」

これが本当にすごいと思います。ガッチリとホールドできる、耳にねじ込むような感覚です。

この仕組みはすぐに他社製品にも真似されそうな気がしなくもない、それぐらいに安定感があります。

アンテナがイヤホン本体上部にある

安定した接続を生むデザイン

左右の接続途切れを生む大きな要因の一つが装着者の頭部が電波を妨げてしまうこと。

これを解消する為、アンテナ位置を本体上部に来るようデザインし左右の接続性を大きく向上させました。

また、PushとユーザーはSecureFitFinによって強固(安定した)に繋がるため、ズレや落下の心配はいりません。

ガッチリ固定出来るからこそのデザイン、間違いないと使ったら分かります。

音質だけでなく、デザインにもこだわりたい人には重要なポイントです。

操作方法

イヤホンの右と左にボタンがあり、操作方法をまとめたいと思います。

イヤホン左イヤホン右
1回押す再生/停止、通話の応答/終了再生/停止、通話の応答/終了
2回押す音量を下げる音量を上げる
3回押すボイスアシスタントを起動するボイスアシスタントを起動する
3秒間長押し前の曲を再生する次の曲を再生する
5秒間長押し電源を入れる/切る
7秒間長押しBluetoothをペアリングする

左側で戻る・下げる、右側で進む・上げる、みたいな感じが覚えやすいかも。

早送りや音量調整にも対応しているので、接続しているスマートフォンなどを操作するのを少なくする事が出来ます。

音質

Skullcandyのヘッドホンだけが人それぞれの心に刻まれた歌詞から骨の奥底に響き渡る重低音まで”体感する音楽”を奏でる事が出来る

公式でそう語る「Skullcandy」の音とはどういう物なのか、試してやるぜ!!

という気持ちで聞いた最初の感想は「正に重低音とはこうである」というぐらいの低音でした。

空間に広がる低音ではなく、引き締まった芯のある低音が主張してきます。

しかし、低音低音と語っているのに驚いたのは、中音域・高音域のバランスの良さが凄いなというところです。

低音番長ならいくらでもありそうなのですが、中音、ボーカルなどが低音に潰されたりすることなくスッキリ聞こえます。

高音域、シンバルなどの金物も低音域・中音域にかき消されず、むしろ存在感をガンガンアピールしてきます。

音として全体的にキレがあり、それぞれの音を邪魔しないのに重低音という、何これ状態。これが「Skullcandy」サウンドなのかっ!!と固定のファンがいるのも納得出来る音質です。

バッキバキな曲を聞きまくりたくなる、そんなキレがあって重低音なイヤホンなので音量を上げすぎて長時間聞き続けるのは注意したいと思います。

イヤーピースを交換

しようとしたのですが、形状が特殊なんですね。

楕円形になっており、手持ちのイヤーピースに変えてみても装着出来ませんでした。

まとめ

低音域の強い完全ワイヤレスイヤホンを探しているのなら、間違いなく選択肢の一つに入れないといけない、それぐらいの存在感があります。

全体の音としてキレがあるので、ロックやメタル、早くて激しい系の音楽が好きな人にもおすすめしたいです。

2019年、完全ワイヤレスイヤホンも色んな製品が登場していますが、ここまで音楽を聞いていて楽しくなれる「Skullcandy Push」を一度聞いてみるのを強くおすすめしたいと思います。

接続安定感4.0
装着感5.0
高音域4.0
中音域4.0
低音域4.5
【TWS】コードレスなBluetooth対応の完全ワイヤレスイヤホンもまとめてみる
コードレス、つまり完全ワイヤレス、左右分離型のBluetoothイヤホンが色んなメーカーから発表されてきており、購入するまでは行かないけれども状況は把握しておきたい、そんな感じになってきました。 なので、またしても自分の欲望リ...

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました