Blue Stone / Compendium

いつもハードなのというか、激しいのばっかり紹介している気がするので、たまにはゆったりとした物を紹介したいと思います。

Compendium

ジャケットを見た感じからメタル慣れした人からは、またメタルじゃねぇか!!となる可能性があるかもしれない。しかし、この「Blue Stone」のジャンルは「エレクトロニカ」です、たぶん。

メタルもそうですが、他のジャンルも色んな音楽の成分が混ざり合って、人によっては違うとう事があると思うんです。俺自身も色々細かいジャンルでいうのを好きなタイプではないので、この「Blue Stone」は「エレクトロニカ」で押していこうと思います。

スポンサーリンク

Compendium

この「Compendium」はグーグル先生に聞いて日本語に訳した所、ハンドブックとか要約、みたいな意味でした。その通りで過去のアルバムから選曲、そこに新曲を入れた、つまりベストアルバム形式なのです。

なので、初めて聞く人にはオススメするのに最適、むしろ良いところを選んでるので、これだけでいいんじゃないかと思うぐらいまとまっています。

「Blue Stone」はどんな音をしているのか、という事について語ろうと思うんですが、これまたいい言葉が浮かばない。物凄く個人的な感覚でいうと「暗い・静かなイメージの多い」楽曲がメインかなと。

今作の「Compendium」はさらに「ボーカル付き」の楽曲が多く収録されているので、「エレクトロニカ」が苦手だ、という人にも非常に聞きやすいと思います。

ニュース番組などのBGMなどで聞いた事があり、選曲してる人は結構マニアックだなとか思ってしまう程度には知ってる人っているのかな、という感じの「Blue Stone」ですが、個人的には落ち着きたい時に聞くなど非常に重宝しています。

まとめ

CDで発売されている分は全部持ってると思うのですが、前作ぐらいからダウンロード形式のみの販売のようで(ネット通販で確認できず)、CD音源で聞けないのが個人的には残念です。

そしてアマゾンで検索してたらアマゾンプライムに入ってたので、これもか!!と、ぐぬぬとなってしまいました。興味がある方は一度聞いてみるのをオススメします。