Gears Of War 4

実はまだこれ、発売していません。もうすぐ発売ですね。
そんな感じで語ってみたいのが「Gears Of War 4」です。

Gears of War 4 【CEROレーティング「Z」】

ゲームは好きで普通の人よりもやる方だったんですが、大人になるにつれやらなくなっていくという、そんなありふれた感じだったんです。

が、以前にレビューした「ダイ・ハード4.0」の劇中に出て来るハッカーがゲームをやってまして(ハッカーはゲームしてる最中に酷い目に会いますが)、何かアレ面白そうだなと思ったんです。後日調べてみると、ゲームソフトのタイトルが「Gears Of War」だったんです。

ネットという便利な物があるので調べれば調べるほど、これはやってみたいなという衝動に駆られ、当時の対応ゲーム機「Xbox360」と「Gears Of War」を買ってしまいました。
ジャンルは「TPS」(サードパーソンシューティング)といい、自分で動かすキャラクターが見えるやつです。ちなみに最近のゲームで右手と左手だけが見えるのを「FPS」(ファーストパーソンシューティングと言います。

内容はと言うと、B級SF映画が大好物である俺にとってドンピシャな感じでした。
迫る敵、撃ちまくって爆破しまくり、文句タラタラ言いながら次に向かう。こういう映画が見たいんだ!!っていう個人的な願望がこれでもかと言わんばかりに詰め込まれているゲームでした。むしろ下手な映画見るぐらいならゲームの方が話はいいんじゃないかと思ってしまうぐらい、出来は良かったですね。ストーリーモードは!!

最近のゲーム機は月額だったり年額だったりするんですが、有料で対戦とか協力プレーが出来る物が多く、この「Gears Of War」もそうだったんです。やらなければよかった、そう、ここが地獄の入口だったんだ!!っていうぐらい酷い目に会いました。人生でここまでストレス貯まる事ってないんじゃなかろうかと思うぐらいイライラする事もあります。(現在進行形)

そんな「Gears Of War」ですが、シリーズは続き最新作は対応ゲーム機「Xbox One」になりました。もちろんブルーレイを見る機器とか持ってないし、買ってもいいかなとか言いながら本体購入済み。最新作が待ち遠しいという感じなんですが!!

スポンサーリンク

Gears Of War 4」は日本国内で販売はしない

なんだってーー!!!

というところなんですが、アマゾンさんが輸入盤を通販するぜ!という事なので、国内で気軽に買うならアマゾン一択ぐらいの感じになっています。いや、別の方法を選ぶ!となると色々ありすぎるので全ては個人責任ですが、海外のゲームソフトも動くよっていう保証がある場合は安心して買えるので、ドキドキワクワクな感じです。もちろん海外で発売された輸入盤、日本語ではしゃべってくれません、ですが日本語字幕はあるよ!!という事らしいので、ストーリーを楽しみにしている方も安心みたいです。主に俺ですけども。

万が一、修羅の道に進みたい、という方がいましたらオススメします。ストーリーだけならB級映画好きならOKだと思いますが、第1作からのプレーが必要になります。話が全然分からないのはつまらないと思うので。

Xbox360」で発売されている「Gears Of War」シリーズ全作品は「Xbox One」で遊ぶことが出来ます。後方互換とかそういう風に言うらしいですが、動きます。過去作もやりたい、という人がいても安心設計になっております。

銃撃度:★★★★★
爆破度:★★★★★
対戦ではストレスに注意:★★★★★
俺のキルレートは1未満です:★

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする