JBL T110BT

どうしても試してみたくて我慢しきれずに買ってしまいました。

やっぱり知れた名前のブランドの商品は欲しい!

という訳で、今回は「JBL T110BT」についてアレコレ語ってみたいと思います。

スポンサーリンク

JBLってどんなメーカーなんだ?

語る必要もないと思いますが、音響機器では老舗、知らない人はいないレベルのブランドです。グッチとかヴィトンとかプラダとか言われたら分かるレベルだと思ってもらって間違いない、そんなメーカーです。

JBL T110BT

まず対応コーデックは「SBC」のみです。「AAC」にも「apt-x」にも対応してません。iPhoneでもAndroidでも条件は同じ「SBC」のみです。

JBLがBluetoothイヤホン入門機と言ってもいい商品を出す、どうしても聞きたかった。

おおう、何という入門用な感じ。こんな柔らかい表現するメーカーだったか?と思ってしまうぐらい親切丁寧です、分かりやすい。

絶対分かると思います、分かりやすい。本当に初めての人に向けての商品なんだなと、実感します。

前置きも必要ないぐらいのメーカーなので実機レビューだ!!


音質

JBLいわく迫力の重低音サウンドとの事ですが、確かに低音域は強めです。どちらかというと広がる系の低音だと思います。ブォンじゃなくてブォォォンみたいな。

しかし、重低音だけでなくハイハットというか、シンバルというかクラッシュというか、その辺りの高音域がバシャーン!!と鳴ります。

本当にその辺りの高音域だけが強調されていると思います、ライブ感が出るというか、ライブ感を出すというか。自分は音量50%ぐらいで聞くのですが、80~90%とかで聞くとシンバルうるせぇ!!と思う楽曲もあるかもしれません。

JBLの有線のイヤホンを所有していますが、やはりライブ感を増す感じの味付けなのでロックとかメタルとか凄く輝きます。いや、勿論他のジャンルでも問題はないですけどね。

では中音域は弱いのかと言われると、全然そんな事もなくスッキリ前に出て来ます。さすがJBL、この価格でもしっかりJBLしてやがるぜ!と思いました。

んじゃ、さっそくイヤーピースを交換するか!

Comply

まずはこれ、
Comply(コンプライ) Tx-500 イヤーピース 3ペア Mサイズ ブラック HC19-50101-01

Tx-500」を試そうとしたら、意外と「JBL T110BT」の軸が太くて装着不可でした・・・

手持ちが500シリーズしかないので、もっと穴の大きいのが必要だと思います。

JVC Spiral Dot

このイヤーピース無しでは生きれなくなった(自分だけですが)

やったぜ!「JBL T110BT」にも装着可能だぜ!!もうこれでご機嫌だぜ!!

クッキリする特性の「Spiral Dot」を使う事で、あえて「JBL T110BT」の低音域を絞ってみる、みたいな使い方になるかと思います。

final Eタイプ イヤーピース

「final Eタイプ」、「JBL T110BT」にも装着可能でした。

JBL T110BT」の重低音という特性を生かしつつ、さらに高音域をマイルドにする、これは結構合うんじゃないかなと思います。勿論好みによりますけど。

茶楽音人 SpinFit

カナル型イヤホン用 シリコンイヤーチップ SpinFit Mサイズ 赤色 4個入り

「SpinFit」、「JBL T110BT」にも装着可能でした。

変な味付けをしない「SpinFit」ですが、「JBL T110BT」の素の音を楽しむのなら1番かもしれません。

オーディオテクニカ SOLID BASS スペアイヤーピース

audio-technica SOLID BASS スペアイヤピース M ブラックレッド ER-CK50M BRD

JBL T110BT」にも装着可能でした。

重低音を、低音域をもっと楽しみたい!!という人には非常に合うんじゃないでしょうか。「JBL T110BT」の特性をさらに伸ばす、活かした選択になると思います。

ソニー ハイブリッドイヤーピース

ソニー SONY ハイブリッドイヤーピース EP-EX11M : Mサイズ 4個入り ブラック EP-EX11M B
JBL T110BT」にも装着可能でしたが、結構ギリギリな感じです。アヒィィ、無理じゃよぉぉって感じで装着しました。

低音域を活かしつつ、高音域も補助される感のある音質になったと思うのですが、付ける事さえ出来れば何とかなる。

結局どれがいいのか?

あくまで自分の音の好みですが、「JBL T110BT」のイヤーピースを変えるのなら

  • SpinFit
  • SOLID BASS
  • ソニー ハイブリッドイヤーピース

でしょうか。

折角の「JBL T110BT」を活かした方がいい、と思いました。勿論、異論は受け付けます。

JBL T110BTの本体について

電源のパワーオンとオフの時の音が、英語でパワーオンとかじゃなくて、ベースソロがボロロンというか、ベベベンという感じで入るのがオシャレだなと思います。

あと、コードがちょっと長めなので、着ている服によっては邪魔になるかもしれません。

JBLにこだわる人なら、充電ケースもあるみたいですね。

まとめ

「SBC」にしか対応していない?そんなのはノープロブレム!!みたいなJBLの意地を感じました。

スマホを持っていて初めてBluetoothイヤホンにします、という人にも問題なくオススメ出来ますし、予備としての2本目としても優秀だと思います。

iPhoneにおすすめ!AAC対応 Bluetooth イヤホン 対応機器のまとめ
自分で初めて、Bluetoorhイヤホンを使ってみて、無線のありがたみを物凄く体感してしまいました。なので、次に向けて個...
イヤーピースを交換してみませんか?おすすめをまとめてみる
イヤホンの音が気に入らない、新しく買ったのに思っていた音とは違う、何か気分変換してみたい。そんな風に思った事はありません...

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする