MONOEYES / Dim The Lights

2017年7月5日に発売になった「MONOEYES」のセカンドアルバム、「Dim The Lights」について、個人的にアレコレ語ってみたいと思います。

現在活動停止中の「ELLEGARDEN」のボーカル・ギター担当の細美武士によるバンドで、「MONOEYES」とは別に「the HIATUS」というバンドも並行して活動中です。

そしてファーストアルバムである「A Mirage In The Sun」についてレビューするのを忘れてたので、また今度しておこうと思います。

MONOEYES / A Mirage In The Sun
「MONOEYES」のファーストアルバム、2015年の作品「A Mirage In The Sun」について、レビューしています。
スポンサーリンク

Dim The Lights

個人的にですが、前作「A Mirage In The Sun」は結構攻撃的な音だったと思います。音作りというか音使いというか、全体的にアグレッシブな音というか、ギターの音がこう、ギュワワという感じだったと思います。

ですが、今作「Dim The Lights」においては幾分マイルドになったというか、ポップになったというか、勿論ロックだと思うんですが、やっぱり全体的にマイルドになったかなと。

シングルである「Get Up E.P.」から、「Get Up」と「Borders & Walls」が収録されましたが、音の作りというか方向性が「Get Up」に近いのかなとか個人的には聞こえました。

言い方を変えるとよりシンプルになったと言えばいいのか、よりストレートになったというか、そんな印象です。

MONOEYES / Get Up E.P.
俺が出るたびに買っている数少ないミュージシャンの一つである、「MONOEYES」の新シングル「Get Up E.P.」に...

「Moth To Flame」はアルバムに収録されていないので、聞きたい人は「Get Up E.P.」を調べてみるのをオススメします。

収録曲

  1. Leaving Without Us
  2. Free Throw
  3. Roxette
  4. Two Little Fishes
  5. Reasons
  6. Borders & Walls
  7. Get Up
  8. ボストーク
  9. Parking Lot
  10. Carry Your Torch
  11. 3,2,1 Go

「Free Throw」

「Two Little Fishes」

「Get Up」

今作「Dim The Lights」の収録曲の内、3曲目「Roxette」・6曲目「Borders & Walls」・10曲目「Carry Your Torch」は作詞作曲がスコットとなっているので、その辺りも含めて注目したいですね。

総評

本当に個人的な感想なんですが、余計な事ウダウダ言わなくていいから叫んで跳ねようぜ!というイメージで溢れそうなアルバムでした。

ただ今までみたいに選ばれし猛者とか歴戦の勇者だけが参加出来るという感じじゃなくて、もっと皆で初めての人も一緒に騒ごうぜ!的というか、言葉足らずでなんですが。答えは夏フェスに行けば見れそうな気がしました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする