J1最終節 名古屋グランパス vs 湘南ベルマーレ

見てました。オリジナル10と呼ばれる名古屋と湘南の試合を。

この試合、名古屋が勝たなければJ1残留が難しくなる一戦で、新潟の結果次第では勝っても降格は免れないという、正に背水の陣といった様相で始まった試合でした。

スポンサーリンク

前半

最終節で残留争いをしている中で一番順位の低い名古屋としては、先制点が欲しいところ。
ですが、個人的に見た感じ最終節とは思えないぐらい名古屋の選手の体が硬いというか、緊張感が半端じゃない。

と思っていた矢先にミドルで先制されるという、どうしようもない展開でスタート。普通、残留のかかった試合は死に物狂いで、それはもう酷いぐらいのラフプレーになるので、そのような状況を予想していたのですが、全然そんな風には見えない。

湘南の方は既にJ2降格が決まっているせいか、恐ろしいまでの自然体。それをシーズン中に出来ていたら、落ちる事はないんじゃないかなと思うぐらいの出来でした。

そして湘南が追加点、さらに名古屋に不穏な空気が広がり、動きも悪くなったように見えます。何かシュートを打つも枠外過ぎて話にならないというか、急ぎすぎというか、そうなってしまっても仕方がないとは思いますが、点が取れない。

そのまま名古屋はグダったまま前半終了。

名古屋0-2湘南

後半

始まって早い時間に名古屋がPKを獲得。思わず俺も「ゲットーー!!」と言ってしまう程度には喜ぶ。PKで1点返してからは俄然、名古屋の動きがよくなる。ハーフタイムに新潟が負けてるとか聞いて、引き分けなら名古屋が残留できると思ったからなのか、動きがいい。

新潟は広島と試合な上に、最終節はラファエル・シルバもレオ・シルバも出場停止という、どうがんばっても客観的に見ると不利な状況。

見てる俺もこれは行ける!!とか思っているとまたすぐ湘南に点を取られる。というか、湘南の点の取り方かっこよくないか?何故降格するんだっていうぐらい、この試合は出来が良い。

でも、名古屋はこの失点により、さらにギクシャクしたように感じました。まぁ、そうなるとは思うんですが、どんどんこのままじゃいけないっていう動きになり、頑張りも空しく試合終了。

名古屋1-3湘南

色々と個人的な感想

そもそも今シーズンの始まりからして、名古屋はおかしかったと思うんです。色んな話があったと思うんですが、闘莉王選手を退団させるとか普通ありえんだろうと。

そしてJ2降格が冗談じゃない状況になって呼び戻すとか、フロント馬鹿なのかなと。

試合後の名古屋の社長の挨拶は凄まじいまでの名古屋サポーターのブーイングでした。ずっと応援してるサポーターは分かってて、フロントはトヨタ式の経営がどうとか、スポーツとコストカットが得意な会社が合う訳ないわとド素人な俺は思うんですが、行けるとでも思ってたんでしょうか。

さらに試合後に名古屋の豊田会長が出資も見直すとかどうとか見て、一生J2にいるつもりなのか?とも思いました。

J1にもう一度上がるのを出資をケチってしようとするより、選手を引き抜かれる方を心配した方がいいんじゃないのかと。

もちろんお金も大切ですが、出すとこ出さないで結果出せとか、プロに言う言葉じゃないなと思います。

だいぶ偏見が入ってますが、オリジナル10として何とか一年で帰ってきて欲しいと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする