the HIATUS / Keeper Of The Flame

個人的な2014年度2位のアルバムはレビューしたのに、1位をしない訳にはいかない、と思っていたのでやろうと思います。

という訳で個人的な2014年度1位のアルバムは「the HIATUS」の「Keeper Of The Flame」です。

Keeper Of The Flame

現在活動停止中の「ELLEGARDEN」のボーカル・ギター担当の細美武士によるバンドです。「the HIATUS」とは別に「MONOEYES」というバンドも並行して活動中です。

MONOEYES / Get Up E.P.
俺が出るたびに買っている数少ないミュージシャンの一つである、「MONOEYES」の新シングル「Get Up E.P.」に...
スポンサーリンク

音楽性

以前のバンド「ELLEGARDEN」や現在並行して活動中の「MONOEYES」と比べ、非常に実験的というか変わって行く最中というべきか、1枚目のアルバムから今作で4枚目になるのですが、どんどん音の方向性が変わっています。

今作は非常にエレクトロ成分が入ったかなと、ただし綺麗目、透き通った感じの方向性ですが。ジャンルは何だと言われると、ちょっとよく分からない、いい言葉が思いつきません。

過去の作品が好きな人には好みではなくなった、という方も多いと思いますが個人的には大好きなので問題なし。ただ、ギターロック的な成分は失われ、どちらかというとエレキじゃなくてアナログ的なギター、というかギターの音がない曲とかもあるのか?と思ってしまうぐらいな感じもします。

もう全くロックとか聞かなくて、普段はヒーリングミュージック派です、という人にもオススメかもしれない。全てが全てそうではないですが、全体的に綺麗で透き通った感じがするので新しい音を探す人とかにも向いてそう。

「Something Ever After」

個人的にアルバムで一番好きな曲です。

「Horse Riding」

アルバムの前に出たシングル曲です。

変化を好む人、好まない人、好きな音は人それぞれです。

ただ無駄に広範囲な音が好きな俺にとっては、その広範囲を創作料理が如く調理していく、この「the HIATUS」が、次はどんな物を見せてくれるのか期待しています。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする