iPhoneとかイヤホンの防水・防塵性能の「IP68」とかって何だ?

本当によく目にしますが、はっきり言って気にした事ありませんでした。

ですが、そろそろちゃんとした意味を知ろうかなと思い、まとめてみたいと思います。

スポンサーリンク

「IP○□」は分かりやすい表示方法

このIPコードは世界各国で使われている物で、IEC(国際電気標準会議)が規格、日本でも使われているとの事です。

細かい事はいい、と思われるので説明しますと

  • 「IP○□」の「○」が防塵性能。等級は0から6まで
  • 「IP○□」の「□」が防水性能。等級は0から8まで

を表しています。

つまり「IP68」という表示だと防塵・防水性能の両方とも最高という事になります。数字は大きければ大きい程性能は良いという、とても分かりやすい表示になっています。

じゃあ、たまにある「IPX3」とかは何なのか?となると思うのですが、防塵等級の部分が「X」の場合は、防塵のテストはこれといってしてないから知らねぇ、という感じです。

まとめ

調べてみれば何も難しい事はありませんでした。「IP防塵防水」、これだけを知っておけば、とりあえずは問題ないんじゃないかと。

ですが、防塵等級が最高だから砂漠でも大丈夫!!とかいう訳ではなく、何かアクシデントがあった時に耐えれる、ぐらいの感覚がいいと思います。

電子機器は大切に使っていきましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする