冬と言えば鍋、鍋と言えば酒だ!そして鍋は「鍋キューブ」だ!

もう冬も近いですしね。まぁ冬関係なく飲みたい時は飲みますけどね。

しかし、鍋を作るとか面倒な事この上ない。面倒なの嫌いなんです、マジで。ええ、そうです、自分で作らないと出てこないですよ鍋なんてね。

でも最近は本当に色々な商品があり、もはや鍋作りなど問題にあらずぐらいになってきました(料理ダメ人間が語る)。

そんなダメ人間の鍋事情でも語ろうと思います。

スポンサーリンク

最近のレトルト食品は凄い

そう、凄いんです。簡単に言うと調理しなくていいレベル。

こういうのを使うともう完成、超楽ちんなのです。

しかし、量が多いのです。食べきれないのです。え?鍋は一人で食べる物ではない?という意見は聞こえませんのであしからず。一人で鍋を食べてもいいじゃないか・・・

そんなある日、出会った物が「鍋キューブ」でした。

鍋キューブ

味の素 鍋キューブ バラエティ 18個入(鶏だし・うま塩6個/濃厚白湯6個/寄せ鍋しょうゆ6個)

これあれでしょ?カレーのルーみたいな。いくら何でもこれでダシとかも無しとかないわー、ありえないわー、水だけでいいとかないわー。

思いっきり食わず嫌いというか、これまでの常識みたいなのに捕らわれていたのです、料理下手なのに。しかし、面倒なのが全くない、楽出来るんじゃないかという思いに勝てず、お試しで買ってみた。

う、美味い。普通に鍋じゃないか・・・しかも、1キューブで1人前という分かりやすさ。レトルトの液体の奴を使うと残ったり食べきれなかったりという問題をクリア出来るという、何というエコロジーな商品なんだ・・・

自分の作る鍋は何でもブチ込むスタイルなので、見た目はひょっとしたら魔女が煮てる怪しげなツボといい勝負かもしれませんが、何をブチ込んでもちゃんと鍋になっているのに感動。

男の料理という名の闇鍋でも味を保証してくれるのがたまらん、たまらん!!と言いながら、いつしか我が家の鍋は「鍋キューブ」を意味する事となりました。

まとめ

料理ダメ人間でも、料理と呼べる味レベルは最低限保証してくれるナイスな「鍋キューブ」ですが、いつの間にか色んな味が増えてました。

近所のスーパーには塩と醤油しかなかったのに、現在8種類もあるのか。スープカレー味って鍋なのか、それは・・・

まだ食べた事がない人、特に一人暮らしの方には力強くオススメしたいと思います。ていうか、酒について話すの忘れてたわ・・・

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする