Bluetooth製品の対応プロファイルって何なの?

イヤホンでもヘッドホンでも、その他色々な製品で対応プロファイルとか何か謎な英文が書いてるじゃないですか。

勿論意味はあるんです、しかし覚える必要もない。覚える気もないですが。なので物凄く、限りなく手を抜いたまとめを書こうと思います。

スポンサーリンク

Bluetooth対応プロファイル

基本、イヤホンだのヘッドホンだの音楽関係の機器にしか興味を持たないので、そこの部分だけを書きます。

  • A2DP
    ステレオ音声を送信するプロファイル、高音質。これだけの表記だと音声は標準コーデックのSBCになります。

コーデックのよく見る種類

  • SBC
    A2DPプロファイルならとにかくSBCになる。
  • AAC
    主にiPhoneで使用されている。SBCより高品質。
  • apt-x
    主にAndroidで使用されている。SBCより高品質。

以上。

つまり、AACもapt-xも表記がない製品はSBCなんだよ、という事です。

じゃあ、SBCだから音が悪いのか、というとそうでもなく製品自体の性能で勝負してる、という事ですね。勿論、対応している方がいいですが、無いからもうダメだー、とはならないと思います。

とにかく今時のBluetooth製品はSBCで音が出る

何故、今更こんな事を書いたかと言うと、製品の公式ホームページとか見た時にAACかapt-xに対応していれば大きく表示されていると思うんです。両方対応してないからって、対応してませんとは書かない訳で、SBCだよ分かれよっていう空気を読む?事がよくあるので書いてみました。

AAC対応 Bluetooth イヤホン 対応機器の個人的なまとめ
自分で初めて、Bluetoorhイヤホンを使ってみて、無線のありがたみを物凄く体感してしまいました。なので、次に向けて個...
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク