DTM コード理論|マイナー

前回は力技で「メジャー」をやりましたので、今回は「マイナー」をやってみたいと思います。

鍵盤1

今回もこいつを大活用していきます。

スポンサーリンク

「マイナースケール」の音の並び順

いきなり答えから言うと全半全全半全全だそうです。まぁ、「メジャー」と並び順が違うんだという事は分かります。ただし、ド素人は最初は「Aマイナー」からやれ!って結構見るので、とりあえず「Aマイナー」からやってみたいと思います。何故そうしなければいけないのか疑問ですが、先行者の意見に従いつつ力技で。

Aマイナー

「A」
音上げる」 「A」→「半音上げる」→「A♯」→「半音上げる」→「B」
「B」
音上げる」 「B」→「半音上げる」→「C」
「C」
音上げる」 「C」→「半音上げる」→「C♯」→「半音上げる」→「D」
「D」
音上げる」 「D」→「半音上げる」→「D♯」→「半音上げる」→「E」
「E」
音上げる」 「E」→「半音上げる」→「F」
「F」
音上げる」 「F」→「半音上げる」→「F♯」→「半音上げる」→「G」
「G」
音上げる」 「G」→「半音上げる」→「G♯」→「半音上げる」→「A」
「A」

Aマイナー」は「A」「B」「C」「D」「E」「F」「G」「A」

おおお、綺麗に並んだ。A」から始まり「A」で終わるのが「Aマイナー
だから最初は「Aマイナー」からやれってことだったんですね。要領さえ分かれば何て事ない、次はとりあえず「Cマイナー」でやってやるぜ!

Cマイナー

「C」
音上げる」 「C」→「半音上げる」→「C♯」→「半音上げる」→「D」
「D」
音上げる」 「D」→「半音上げる」→「D♯」=「E♭」
「E♭」
音上げる」 「E♭」→「半音上げる」→「E」→「半音上げる」→「F」
「F」
音上げる」 「F」→「半音上げる」→「F♯」→「半音上げる」→「G」
「G」
音上げる」 「G」→「半音上げる」→「G♯」=「A♭」
「A♭」
音上げる」 「A♭」→「半音上げる」→「A」→「半音上げる」→「A♯」=「B♭」
「B♭」
音上げる」 「B♭」→「半音上げる」→「B」→「半音上げる」→「C」
「C」

Cマイナー」は「C」「D」「E♭」「F」「G」「A♭」「B♭」「C」

あああ、またもや目眩が!!これは脳内では処理できない・・・やはり見ながらなら何とかなりそうですが、「」記号ってこういう風に出て来るのか、いやらしい奴め!!と思わずにはいられない。

これでもまだ「メジャースケール」と「マイナースケール」の基礎をやっただけなんですが、結構心折れそうになってみたりして、音楽作ってる人はすごいんだなとしか思えないです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする