話題のスマートスピーカー「Amazon Echo Dot」レビュー

世間を賑わせているであろうスマートスピーカー、皆さんはもう使ってみましたか?まだ使った事がないなんて勿体無い、絶対につかってみるべきだ、そう個人的には思っています。

そこで今回は「Alexa」というアシスタントAIを搭載した「Amazon Echo Dot」を個人的に語ってみたいと思います。

他の「Alexa」を搭載したスマートスピーカーはこちらからどうぞ。

Amazon Alexaを搭載したスマートスピーカーをまとめてみる
今年、日本でもスマートスピーカーが本格的な流行になっていくんじゃないかと、個人的には思っています。 以前にも、そのスマートスピーカーの中でも本命・主流になるのではないか、という事でアマゾンの「echo」を取り上げました。 ...
スポンサーリンク

Amazon Echo Dotで何が出来るのか?

基本スマートフォンかPCがあれば、スマートスピーカーとか必要ないんじゃないか、そう言うと思います。自分もそう思っていました。

しかし、手で操作せず音声だけで操作出来るというのは、体験してみないと分からない事が大きいんです。やってみなければ分からないというのが一つ。

そして、もう一つはスマートフォンなどを使わない高齢者の方や子供などが、自分の家電操作技術を用いなくても現代のテクノロジーを体験する事が出来る、これが非常に大きいと思います。

ネットで検索したらいいとか、ググれとか言われても出来ない人だっているでしょう。その最初の入口として個人的にはありだなと実際に使ってみて思いました。

ただ、現状で出来る事はニュースや音楽を聞く、アラームやタイマーを設定する等が「Amazon Echo Dot」単体での出来る主な事だと思った方がいいでしょう。ちょっと高性能なラジオという感覚が正しいと思います。必要な情報を選択して聞く事が出来るラジオ、そんな感じです。

他の機器や色んなアカウントを連携していけばスマートホームなどの機能も使えますが、単体では「ちょっといいラジオ」で良いと思います、大切なので2回言いました。

Amazon Echo Dotを選ぶべき理由がある人

「Amazon Echo Dot」および「Amazon Echo」シリーズを最大限に生かすには、Amazonプライム会員などのサービスに加入している必要があります。

逆に言えば既に加入しているのならば最大限に生かす事が出来ると言えます。

また、「Amazon Music Unlimited」は「Echo」シリーズから申し込むと月額が大きく割引になります。(ただしEchoシリーズのみで再生可能)

スキルを追加可能

スマートフォンのアプリのようにスキルを追加して、自分の好きな物を追加する事が出来ます。逆に言うとスキルを追加しなければ出来る事は増えない、という事にもなります。

自分の思うようにカスタマイズしたい人は「Amazon Echo」シリーズが向いているかもしれません。

Amazon Echo Dotを使う準備をする

まず「Amazon Echo」シリーズを使用する上で必要な物は

  • スマートフォン
  • Wi-Fi環境
  • Amazonアカウント

大きくこの3つになります。特にWi-Fi接続のパスワードを忘れがち(自分がです)だと思われるので、セットアップする前にちゃんと用意しておきましょう。

ではセットアップしてみます。

Amazon Echo Dotを電源に接続する

付属の電源アダプタを使って接続すると「Amazon Echo Dot」の回りが光って、準備が出来たら挨拶してきます。

スマートフォンにAmazon Alexaアプリをダウンロードする

あらゆる設定は「Amazon Alexa アプリ」から行います。

行いますが、このアプリが中々出来が悪いと思います。すぐ通信中になったり重くなったり反応しなくなったり、結構イライラするかもしれません。

最初にアプリを起動すれば自動でセットアップが始まる、らしいのですが自動で始まりませんでした。

なので「Alexa アプリ」の左上のメニューを開いて設定を選択します。

新しいデバイスをセットアップを選択します。

多分ここからが通常の流れで、Wi-FiのパスワードやAmazonアカウントなどを言われるがまま入力していきます。指示通りに操作すれば悩むところはないと思います。最初に自動でセットアップが始まらなかった場合は悩むかもしれません。

スピーカーを接続する

次にBluetoothスピーカーを接続するか聞いてきます。手持ちのスピーカーがあれば接続してもいいと思います。

コスパ重視で低価格帯のBluetoothスピーカーを厳選しておすすめみる
スマートフォンで直接音楽を流して聞く、そんな時代は終わりつつあります。さらに「AIアシスタント」を搭載したBluetoothスピーカーであるスマートスピーカーなど、どんどん時代は変わって行く最中であるようにも思います。 しかし、ここは...

自分は最初はあくまでも単体で使ってみたかったので、ここは後に回しました。

Amazon Echo Dotを使う

実際につかってみた感想としては、意外と面白いでしょうか。使いたい時に呼び掛ける名称は「アレクサ」です。

「アレクサ、○○」が基本の使い方になります。「アレクサ」と呼び掛けたら本体のライトリングが青く光るので、光るのが終わるまで待ってから命令する感じになります。

「アレクサ、最新ニュースを教えて」「アレクサ、新しいニュース」というとニュースが流れるのですがJ-WAVEとかのニュースが流れるので、ラジオだなこれはと思う人も多いと思います。

しかし、もう止めたい、いつまでも垂れ流してるんじゃない!!という時は

「アレクサ、止めて」「アレクサ、ストップ」などで止まります。

超便利なアラームとタイマー

このアラームとタイマー機能に個人的には感動しました。

「アレクサ、朝7時にアラームをセット」など言うだけで目覚まし時計に早変わりですよ、これ。しかし弱点もあります。1回限りなんですね、これ。毎日には使えません。

どうすれば毎日使えるのか?調べてたら

Alexaでアラームを使用する

音声を使用してAlexaでアラームを設定し、設定をAlexaアプリで管理します。

音声でアラームを設定するには、「(時刻)にアラームをセットして」のように話しかけます。また、「(曜日)の(時刻)にアラームを繰り返すようにセットして」のように話しかけて、アラームを繰り返すように設定できます。

アラームが鳴っているときに「スヌーズ」と言うと、9分後に再度アラームを鳴らすことができます。アラームを止めたい場合は、「止めて」と言ってください。

音声で作成したアラームは、Alexaアプリで編集できます。

既存のアラームを管理するには、Alexaアプリを開きます。

  1. メニューリマインダー&アラームを選択します。
  2. ドロップダウンメニューからお使いの端末を選択します。
  3. アラームタブを選択します。
  4. 既存のアラームを選択します。
  5. 繰り返しで利用可能なオプションから選択します。
  6. 変更を保存を選択します。

結局スマートフォン側で操作するんかい!!

となりました。これも音声で操作する事が出来ればいいんですが、そこまでいかないのは残念です。

あとタイマー機能もいいですね。

「アレクサ、タイマー3分セット」、これでカップラーメン食べ放題です。音を止める時は「アレクサ、止めて」「アレクサ、ストップ」です。

まとめ

軽く触ってみて、音声操作だけで個人的に思った事はやっぱり「高性能なラジオ」ですね。そこからどのように機能を拡張していくのかは使う人次第といった感じだと思います。

Amazon Alexaを搭載したスマートスピーカーをまとめてみる
今年、日本でもスマートスピーカーが本格的な流行になっていくんじゃないかと、個人的には思っています。 以前にも、そのスマートスピーカーの中でも本命・主流になるのではないか、という事でアマゾンの「echo」を取り上げました。 ...

コメント