JVC HA-FXH30

良い音を聞きたい、出来れば安い値段で。

そんな想いを常に持っている音楽スキーな俺なのですが、高いお値段で良い音は当たり前なのです。安くて、良い音、それを求めるのが大切である、そう信じて疑わない。

自分の耳で聞いた上で、これは良いという物を紹介したいと思うのですが、良い音・好みの音というのは10人いれば10人それぞれが違うと思います。

スマホについてくる標準のイヤホンでいいという人もいれば、家用・外用など何本も持っている人など様々だろうと思います。ちなみに俺は現在イヤホンは3本、ヘッドホンは2本を現役で使用中です。

スポンサーリンク

JVCとの出会い

そもそも、何でJVCのイヤホンを使い始めたかというと、昔は1本ん万円のイヤホンを使っていたんです。しかし、断線などがよくあり、1年に1本ぐらい買うのがあまりにも馬鹿らしくなってしまい、適度な値段で適度な音質のでいい、もう高いのは買わない、という感情になってしまいました。

そんな時に視聴しまくっていた中の1本にJVC製のイヤホンがあり、視聴した中での音質・値段のバランスから購入したというのが最初です。

それから使用中のイヤホンが壊れると、まず最初はJVCからチェックするかという感じです。お前JVCの回し者か?と思われるぐらい押してる感じですが、俺の音の好み的に合うんでしょうね。

HA-FXH30

このイヤホンの音の方向性はどういった感じかと言いますと、前モデル「HA-FXD80」に足りなかった低音域を強化した感じです。と言われても前モデルを使ってないと全然分からんわ!となると思うので細かく語ってみます。

JVC HA-FXH30 高遮音性カナル型イヤホン ダイレクトトップマウント構造採用 ブラック

歌声などの成分に多めな中音域、高音域が価格帯の割には非常に質感がいいと思います。前モデルまでは高音域が少々きついかなとも感じましたが「HA-FXH30」ではそのきつく感じた部分もなくなり、とてもバランスがよくなりました。

逆に前モデルまではちょっと足りないなと感じていた低音域が「HA-FXH30」では強化され、ベースやドラムなどの音の表情もよく見えるようになったように感じます。

全体として、高中低のバランスが過去モデル全てと比べても一番良いのではないかと思います。最初に聞いた時、おおマジで?と言ってしまうぐらいには、商品を二度見する程度にはびっくりした記憶があります。

個人的に買った後で失敗したと思うランキング1位の音漏れですが、通常の音量であれば漏れている事はないと思います。家で使って家族にシャカシャカ鳴ってると言われたらアウトな判定は「HA-FXH30」にはありませんでした。

ただし、「HA-FXH30」はもう2年前のモデルなんですよね。だいたい2年間隔で新型が出ると思うのですが、どうなんでしょうか。

俺の耳で聞いた感じでは、価格の割にやるな!といった印象の「HA-FXH30」ですが、もしどこかに出掛けて視聴できる環境があったりするなら聞いてみるのをオススメします。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする