Laika Came Back / Landed

今回は「Laika Came Back」の「Landed」について個人的にアレコレ語ってみたいと思います。2011年の作品になります。

Landed

アマゾンプライムミュージックにありましたので(2017年9月26日時点)、すでに会員の方は是非どうぞ。

スポンサーリンク

Laika Came Backって誰?

間違いなくそう思われそうなので簡単に説明しますと、「車谷浩司」というミュージシャンが「Laika Came Back」名義を使って活動しています。相当キャリアのある人で、過去に「BAKU」「Spiral Life」「AIR」といったバンドでも活動しています。

音楽のジャンルとしてはロックと語られますが、フォーク?的というか、ギター1本語り弾きが多いです。アコースティックな楽曲が多く、日々の生活に疲れた時などに聞くと非常に癒されます。



Landed

何を語ろうか、もはや語るところがない。歌声を聞いて判断して欲しいとしか言えない。車谷氏が「AIR」名義の活動終了後、「Laika Came Back」として活動する際のコメントが

もし志半ばにして命を終えなければならなかった者達がこの地球上に帰ってくることが出来たら、何を思い、何を描き、何を奏で、どんな行動をするのでしょう。

なのです。

現代社会の疲れを癒してくれる音楽かなと、個人的には思っていますので興味を持った方には聞いてみて欲しいと思います。知らないだけで良い音楽は沢山あります。


関連作品

これだけで終わるのはアレなので、もし興味を持った人がいたらですが、「Landed」に作風が近い楽曲を挙げてみようと思います。

「Nayuta」

「泡沫の虹」

「One Way」

アコースティックライブ盤です。一番「Laika Came Back」に近いかなと。

しかし、こうやって調べてみると結構デジタル音源化されてなくて、入手難度が高い。今はネットで過去の作品を調べる事が出来て、試聴までする事が可能なので、気になったアーティストの過去作品をドンドン見つける事が出来るのでいいですね。

個人的な音楽の聞き方はアーティストの最新作を聞き、過去作品に戻って行くスタイルなのですが、ネットで調べているとこの音楽はどうですか?みたいなのが沢山出て来て、新しい発見などがあると嬉しいですね。

個人的な音楽レビューまとめ
個人的にレビューした音楽作品をまとめています
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする