再生時間が伸びた次世代のBluetoothイヤホンをまとめてみた

新しい技術を投入されたパーツなどにより、再生時間がより長くなりつつあるBluetoothイヤホンですが、完全に次世代の流れになって来ていると、ひしひしと感じざるを得ません。

2019年、完全ワイヤレスイヤホンなら最低5時間は再生出来る物を選ぶといいんじゃないかなと、個人的には思っています。

スポンサーリンク

完全ワイヤレスイヤホンを選ぶ基準を考える

もちろん、音質は重視したい。ですが、コードがない状態で使える利便性などもあり、簡単には言い切れない物があります。

個人的に選ぶ基準を挙げてみると

  • 再生時間が公称4~5時間は欲しい
  • ケースと合わせて再生出来る時間も15~20時間程度
  • ケースのデザイン・質感が安っぽくない。使い勝手が良い
  • 対応している音声コーデックが多い
  • 途切れが少ないのは最重要

サラッと書いてみても、意外と多いなと思いますが、実際に使っていて思う事はまず道具として便利であるのが一番だと思います。

ケースからイヤホンが取り出しにくいなど、個人差があるとは思いますが誰もが認めるような物はダメだと思います。

端子USB-Cになっているなど他にも細かいところが気にもなるでしょうし、とにかく道具として便利である事をクリアした上で、ようやく音質について気にする、というようになる、というかなりました。

完全ワイヤレスイヤホンは音楽を聞く道具であるけれども、まずは使い勝手が良いかどうか、これに尽きます。

より音質を求めるなら、左右対称型のBluetoothイヤホンや有線イヤホンになります。

一番重要なのは自分の耳の形に合うかどうかですが、こればっかりは実際に付けてみないと分からないところです。

完全ワイヤレスイヤホンを選ぶにあたって、何が一番重要かを考えるのも非常に大切なので、どこを基準にするかを考えてみるのをオススメします。

AVIOT

新製品の発表速度が異常に速い「AVIOT」です。積極的に新しい事に挑戦しようとしている姿勢は見ていて楽しいです。

AVIOT TE-D01b

AAC防塵防水IPX7Bluetoothv5.0
apt-x再生時間約9時間

AVIOT TE-D01d

AAC防塵防水IPX4Bluetoothv5.0
apt-x再生時間約7時間

AVIOT TE-D01g

AAC防塵防水IPX7Bluetoothv5.0
apt-x再生時間約10時間

Zero Audio

皆大好き「Zero Audio」、協和ハーモネット株式会社です。簡単に言うと電線屋さんで、有線のいいイヤホンを多数世に送り出してきました。

しかし、無線って長所を活かせないんじゃないか?という疑問を個人的にはあります。

ZERO AUDIO TWZ-1000

AAC防塵防水IPX5Bluetoothv5.0
apt-x再生時間約7時間

専用アプリでファームウェアアップデートに対応。

NUARL

NUARL NT01AX

AAC防塵防水IPX4Bluetoothv5.0
apt-x再生時間約10時間

Anker

Soundcore Liberty Air

AAC防塵防水IPX5Bluetoothv5.0
apt-x×再生時間約5時間

レビューしました。

【TWS】意外と低音も出る「Soundcore Liberty Air」レビュー【完全ワイヤレスイヤホン】
「Anker」のオーディオブランドである「Soundcore」より、新しい完全ワイヤレスイヤホンが発表されました。 「Soundcore Liberty Air」です。 「Soundcore」ブランドは「Anker」時代...

道具として、ケースの持ち運びやすさ、使い勝手が非常に良いです。

Mpow T5

AAC防塵防水IPX7Bluetoothv5.0
apt-x再生時間約6時間

QCC3020搭載です。

JPRiDE

JPRiDE TWS-520

AAC防塵防水IPX5Bluetoothv5.0
apt-x×再生時間約6.5時間

低価格ながら高品質なBluetoothイヤホンを発売し続けているJPRiDEの新作です。

レビューしました

【TWS】1万円以下の高コスパで、低音強めな「JPRiDE TWS-520」レビュー【完全ワイヤレスイヤホン】
2019年7月、ついに「JPRiDE」から完全ワイヤレスイヤホンが登場しました。 「JPRiDE TWS-520」です。 色んな「JPRiDE」製品を使ってきた自分として、新しく登場した「JPRiDE TWS-520」を...

RHA

RHA TrueConnect

AAC防塵防水IPX5Bluetoothv5.0
apt-x×再生時間約5時間

レビューしました。

【完全ワイヤレスイヤホン】全力でおすすめしたい完成度「RHA TrueConnect」レビュー【TWS】
2018年の終わりに、ついに「RHA」からBluetooth対応の完全ワイヤレスイヤホンが登場しました。 「RHA TrueConnect」です。 「RHA」のBluetoothイヤホン「MA750 Wireless」「...

ケースの質感、所有する事による満足感が素晴らしいと思います。

Cambridge Audio

Melomania 1

AAC防塵防水IPX5Bluetoothv5.0
apt-x再生時間約9時間

50年培ったブリティッシュサウンドをワイヤレスで。

オーディオテクニカ

ATH-CKS5TW

AAC防塵防水IPX2Bluetoothv5.0
apt-x再生時間約15時間

SOLID BASSシリーズの完全ワイヤレスイヤホンです。重低音、大容量バッテリー、10mmドライバー、特定の人を狙い撃ちだと思います。

レビューしました。

【TWS】高音質、そして重低音なオーディオテクニカ「ATH-CKS5TW」レビュー【完全ワイヤレスイヤホン】
完全ワイヤレスイヤホンでありながら、重低音志向の製品を求める皆さん、こんにちは。 そんな願いを叶える製品がオーディオテクニカから登場しました。 「audio-technica ATH-CKS5TW」です。 重低音と...

まとめ

本当に完結にまとめると

まず道具として、使いやすいか。次に商品としてデザインなどの質感は良いか。

使っている内に必ずここが気になってくると思います。

音楽聞くのが好きだから音質の良い物を求めていたはずなのに、何故か道具としての、商品としてのクオリティがどうこう……

音質は割り切って完全ワイヤレスイヤホンはこれぐらいだ、という壁を2019年から超え始めたように思います。しかし、一定の音の基準をクリアしているとなると音質以外のところが気になってくる。

使った事のない人はまず使ってみるところから、是非はじめてくださいと言い切れます。使い始めるとこれまでの環境に戻れなくなるでしょう。有線から解放された環境を味わって欲しいと思います。

【TWS】コードレスなBluetooth対応の完全ワイヤレスイヤホンもまとめてみる
コードレス、つまり完全ワイヤレス、左右分離型のBluetoothイヤホンが色んなメーカーから発表されてきており、購入するまでは行かないけれども状況は把握しておきたい、そんな感じになってきました。 なので、またしても自分の欲望リ...

コメント

タイトルとURLをコピーしました