Sybreed / The Pulse Of Awakening

またメタルっぽいのを語りたくなった。
そんな訳で今回は「Sybreed」の2009年のアルバム、「The Pulse Of Awakening」を語ってみたいと思います。

The Pulse of Awakening

メタルと言ってもその音楽性は広く、あまり細かい事は気にせずメタルだ!と言いたいのですが、たぶんインダストリアルメタルとかだと思います。他の人はまた違うかもしれませんが。でも、ひょっとしたらメロディックデスメタルかもしれない・・・

もう色んなジャンルが混ざり合っているのでメタルでいいじゃないか、と個人的には思っています。

スポンサーリンク

The Pulse Of Awakening

この「Sybreed」というバンドの特徴は、人間味が薄く感じる音とあまり「ヴァー」とかいうメタルでよくある歌い方が多くないところだと思います。

一度個人的にメタルを聞くのを止めて、もう一度聞きだした時にはもう「ヴァー」っていうのを出来れば聞かない方向でと思っていますので、この「The Pulse Of Awakening」も個人的なメタルの聞く方向性のボーカルだと思います。

でも「ヴァー」一歩手前までは行きます。人によっては「ヴァー」かもしれない、いやどう聞いても「ヴァー」だな・・・

なので綺麗・クリーンなボーカルと「ヴァー」的なボーカル、二つの歌声が展開されます。

ちょっと話が逸れましたが、今作「The Pulse Of Awakening」は「Sybreed」の特徴である人間味が薄い音、これは言い方が酷いのでもう少し細かく言うと、すごく音の空気感というか雰囲気が冷たいと、そう聞こえるのです。

ドラムやギターの音は間違いなくメタルなのですが、使われているシンセの音が物凄く冷たく感じる要素が大きいと思います。

そして曲調というか、構成がどうも普通と違うようで、サビ前で盛り上げてサビで爆発する、なんて事はありません。個人的にはそう聞こえるのですが、サビ自体が盛り上がるようなメロディでもないです。ただひたすら、淡々と冷たい空気感と共に進む、そのように感じます。

もちろん、メタルを聞く人はカッコイイと感じるところもあると思いますが、ミニマルテクノとかそういう物と通ずるところがあるなぁと思い、だからこそ自分のセンサーに引っかかったのか、と納得してしまう。

すごくクオリティが高い、だけどこういった感じを好きな人もそんなにいないのではないか特にメタル方面には、と思ってしまう。逆に他ジャンル、テクノロックとかそういった方向には好かれるのかな?そんな感じがしなくもないな、とか思います。

そして恐ろしい事にアマゾンプライムにありました。

Amazon プライム
こんなもの今さら語られてもしょうがない、と言われても本当にその通りなのですが、これから色々語る上で言っておかなければなら...

さすがアマゾン、こんなところまでカバーしてるのかと思わざるを得ない。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする