The Thrillseekers / Escape

今回は「The Thrillseekers」のアルバム「ESCAPE」について、個人的にアレコレ語ってみたいと思います。2016年の作品になります。

Escape

見た目だけでも音のイメージが出来そうな、非常に爽やかなジャケットです。

スポンサーリンク

The Thrillseekersって誰?

イギリスのトラックメーカー「The Thrillseekers」、スリルシーカー。活動は1999年から現在2017年、絶賛活動中です。ジャンルは分かりやすく言うとトランスですが、荘厳かつ哀愁漂う感じが多めです。現在の主流の音によってはいますが、全力でパーティーピーポー向けという感じではないです。

公式のホームページはこちらからどうぞ。

ESCAPE

今作「ESCAPE」の半分以上は女性ボーカル入りですので、普通の歌物のアルバムとしても聞く事が出来ます。

昨今のトラック系のアゲアゲでアッパーな感じではなく、本当にジャケットのイメージ通りの澄んだ音・広がりのある楽曲の多くで構成されており、トランスとは何たるかを語れる作品に仕上がっています。

収録曲

  1. In These Arms
  2. Stay (Here With Me)
  3. Without You
  4. Amber
  5. How Will I Know
  6. For All That You Are
  7. Anywhere With You
  8. I Gotta Let You Know
  9. Love Me For A Day
  10. Halycyon 2016
  11. Escape (2016 Album Mix)
  12. Where Are You Now

10曲目に収録されている「Halcyon 2016」は「Chicane(シケイン)」というアーティストの曲で「Behind the Sun」というアルバムに収録されています。

Behind The Sun (Deluxe Version) [Remastered]

この「Chicane」の「Behind the Sun」も聞いて後悔する事は絶対にないと自分は言い切れますので、興味を持った人がいましたら調べてみるのをおすすめします。

総評

トランスとかアゲアゲでパリピ向けなのばっかりなんじゃね?という意見には反対したい!映画のサウンドトラックにでも使われたんじゃないの?というぐらい色んな作風のあるジャンルなんです。

「ESCAPE」にはそんな人に答える音がこれでもかと詰まっています。メロディに溢れ、女性ボーカルとシンセに美しさも感じるような楽曲、一度食わず嫌いをやめて手に取って欲しいと思える「ESCAPE」を強くオススメします。

個人的な音楽レビューまとめ
色々書いてみて後から見直すのが面倒になってきたので、まとめっぽいのを作っておこうと思いました。 個人的な好みが大いに入っていますので世間的な人気度とは一致しないかもしれません。 年度別 2018年 2017年 ...

コメント