「Xbox One X」、発売!しかし、圧倒的に商品不足な感じ

ついに「Xbox One X」が発売になりました。

4Kゲーム体験だの色々ありますが、とにかく現在の家庭用ゲーム機で最高性能を誇ります。

わざわざテレビの前で用意してまでゲームしたくないとか、スマホゲームがあるから必要ないとかあると思いますが、ゲームはやっぱり家庭用ゲーム機が一番だと思っています。

今回は「Xbox One X」についてアレコレ語ってみたいと思います。

スポンサーリンク

ゲームするのに最高なのはPCだろう?

PCが最高のゲーム機だろ?という意見もあると思いますが、毎年グラフィックボード変えたりドライバの対応がどうとかで悩んだりCPUクーラーの重さが1kg超えたり配線を美しく取回そうとしたら長さが足りなくて買いに行ったり、手間もお金も半端なくかかります。自作で組めない人は論外です。

グラフィックボードのオーバークロックモデルを買ったら1時間ぐらいで画面が消えてしまうので初期不良で交換に行き、新しく交換してもらった物でも同じ症状が発生し、交換する事3回、内1回は店頭で他のも確認してみたのも含みます。

店の同じグラフィックボードが全部初期不良という大外れを引いた経験からゲームは家庭用ゲーム機以外ではやらねぇと、強く心に誓いました。

ノーマルモデルにしろというのは無しでお願いします。最高を求めるならピーキーな物になるのは仕方がなかった・・・

だから1台で完結する家庭用ゲーム機は偉大だな、と思いそちらへ変更。グラフィックボードの値段の半分で買えるとか安さも最高ですしね。

Xbox Oneの現状

世界的に見ても2番手、国内においては絶滅危惧種だと思います。積極的に選びに行く理由はないでしょう。自分が選んだ理由は「Gears Of War」があるから、それだけです。皆が持ってなかろうが自分の意見を持てる人以外は選択肢には入りません。

よく言われるネット対戦の人が少ないとかですが、国内サーバーに隔離される物以外は少ないとは感じないと思います。ただ、周りの友人に持ってる人がいなければ疎外感を感じるのは覚悟するしかありません。

そんな中、時代に合う性能で「Xbox One X」が発売に。

Xbox One Xとは

「Xbox One」の性能が格段に上がったゲーム機、スマホに例えるならiPhone 6からiPhone Xになった、ぐらいのイメージでいいと思います。なので出来るゲームは変わりません。ただ、4K、HDRといったところやUHD Blu-rayに対応しているので、ゲーム機だけとしてではなくメディア再生機としても最先端を走る形になります。

UHD Blu-ray対応だけなら現行機種である「Xbox One S」でも見れますので、再生機だけを欲しいと思っているならそちらでもありかもしれません。

とにかく性能が全てだ!!という人には「Xbox One X」が最高性能になりました。ソフトはこれから出るでしょう、日本では何も期待できませんが。

まとめ

とにかく売ってない、売ってくれという感じですが、どうせ日本で買う人間いないだろ的な扱いなのでしばらくは買う事は出来ないでしょう。

世界での需要が収まれば、日本でもぼちぼち販売されるようになるんじゃないかと思っています。

万が一「Xbox One X」で初めて「Gears Of War」やります、という奇特な人がいましたら、対戦は修羅の国、ちょっとゲームには自信がありますみたいな精神ではやっていけないので、強い心を持ちましょう。

4K・HDRに対応したモニター・テレビをまとめてみる
本当に色々あって何がどうとか分かりにくいんです。「Fire TV」の実力を見たくても対応機器を持っていないので確認する事...
テレビの前で重低音をドーンと鳴らす、「ヤマハ NS-SW050」でだ!!
映像やら音響やら最近は色々な物が沢山出ています。出ていますがありすぎてよく分からない、また上を見たらキリがないという現実...
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする