DTM コード理論|度とは

前回、本当にほんのちょっとだけ「コード」の入口に立ったぐらいには来たと思ったのですが、新しい用語が出て来て、まだまだ甘いと実感してしまいました。

「度」とは、音の高さ・音程の違いを表す

と思ったのですが、その表現方法が「1度」「2度」・・・などでした。

元となる音から見て「1度」は同じ音、「2度」はその次の音、という感じで納得していたのですが、調べていくうちに長2度とか短3度とか本当に何これ状態に。小難しい予感がしますけど、「長」と「短」ってまた「メジャー」とか「マイナー」的な何かなのかと。ここはまたCメジャースケールさんにお世話になるしかない。

鍵盤1

自分で作っておいてなんですが、すごいお世話になっております。また、これを見ながら考えようと思います。

スポンサーリンク

「Cメジャースケール」での「度」

とりあえず前回までの理解度なら「C」を元として

C D E F G A B C
1度 2度 3度 4度 5度 6度 7度 8度

だったのですが、ここで新しい言葉が入ります。Cメジャースケールの場合、

「1度」、「4度」、「5度」、「8度」は、「完全1度」、「完全4度」、「完全5度」、「完全8度」という風に呼ぶらしい。何でだ??とりあえず、悩むのは後にするとして、
「2度」は「長2度」、「3度」は「長3度」、「6度」は「長6度」、「7度」は「長7度」らしい・・・

ダメだ、全然分からない。そもそも「」しか出てないじゃない・・・もうググりまくるしかないな、これは。

「C」→「C」:「完全1度」

「1度」には「完全1度」しかない。

これはさすがに分かる、問題なし。

「C」→「D」:「長2度」

「2度」には「長2度」と「短2度」がある。

「C」を元とした場合、「C♯」「D」となる。

にやった半音上げる、つまり「半音」が2個あるのは「長2度」。「短2度」は「半音」が1個と。

長2度 「C」「C♯」「D」
「C」「半音」2個
短2度 「C」「C♯」=「D♭」
「C」「半音」1個

でいいのか・・・しかし、「♭」って悩ましい存在です。

「C」→「E」:「長3度」

「3度」には「長3度」と「短3度」がある。

「C」を元とした場合、「C♯」「D」「D♯」「E」となる。

考えろ俺、「2度」と同じようになるなら「長3度」の方が「半音」が1個多いはず。
「C」→「E」で「半音」が「C♯」「D」「D♯」「E」、4個ある。なら「短3度」は「半音」が3個として、「D♯」=「E♭」なのか。

長3度 「C」「C♯」「D」「D♯」「E」
「C」「半音」4個
短3度 「C」「C♯」「D」「D♯」=「E♭」
「C」「半音」3個

とりあえず、ここまでは力技がまだ通用します。

「C」→「F」:「完全4度」

「4度」には「完全4度」と「増4度」がある。

「C」を元とした場合、「C♯」「D」「D♯」「E」「F」となる。

半音」が5個で「完全4度。理解した、次!とはいかない。
」ってなんですか?どうして「長」じゃないんですか!!と言いたいんですが、どう調べても分からなかったので、こういうルールなんだと疑問を持たずに書いてみます。

増4度」は「半音」が6個、まぁ、増えるんだろうしそうなんでしょうね。

「C」を元とした場合、「C♯」「D」「D♯」「E」「F」「F♯」

完全4度 「C」「C♯」「D」「D♯」「E」「F」
「C」「半音」5個
増4度 「C」「C♯」「D」「D♯」「E」「F」「F♯」
「C」「半音」6個

今はそういう物なんだと割り切っていきます。

「C」→「G」:「完全5度」

「5度」には「完全5度」と「減5度」がある。

「C」を元とした場合、「C♯」「D」「D♯」「E」「F」「F♯」「G」となる。

半音」が7個で「完全5度。で、また新しい用語ですね、「減」って。言葉通り減るという事で、減5度」は「半音」が6個と。

「C」を元とした場合、「C♯」「D」「D♯」「E」「F」「F♯」=「G♭」

完全5度 「C」「C♯」「D」「D♯」「E」「F」「F♯」「G」
「C」「半音」7個
減5度 「C」「C♯」「D」「D♯」「E」「F」「F♯」=「G♭」
「C」「半音」6個

割り切りが肝心、と。

「C」→「A」:「長6度」

「6度」には「長6度」と「短6度」がある。

「C」を元とした場合、「C♯」「D」「D♯」「E」「F」「F♯」「G」「G♯」「A」となる。半音」が9個で「長6度、なら短6度」は「半音」が8個と。なら「G♯」=「A♭」ですかね。

長6度 「C」「C♯」「D」「D♯」「E」「F」「F♯」「G」「G♯」「A」
「C」「半音」9個
短6度 「C」「C♯」「D」「D♯」「E」「F」「F♯」「G」「G♯」=「A♭」
「C」「半音」8個

「長」「短」は数えればいけます。

「C」→「B」:「長7度」

「7度」には「長7度」と「短7度」がある。

「C」を元とした場合、「C♯」「D」「D♯」「E」「F」「F♯」「G」「G♯」「A」「A♯」「B」となる。半音」が11個で「長7度半音」が10個で「短7度と。

長7度 「C」「C♯」「D」「D♯」「E」「F」「F♯」「G」「G♯」「A」「A♯」「B」
 「C」「半音」11個
短7度  「C」「C♯」「D」「D♯」「E」「F」「F♯」「G」「G♯」「A」「A♯」=「B♭」
 「C」「半音」10個

これも数えれば問題ないかと思います。

「C」→「C」:「完全8度」

「8度」には「完全8度」しかない。

「C」→「C」まで「半音」は12個、というか、その間の鍵盤の数がそれ以上ないので一つしかない。

よし、これぐらいにしておきます。これ以上は頭がやられてしまいそう・・・

完全にド素人が書いていますので、間違っているならご指摘いただければ幸いです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする