2017シーズン、J2最終節の昇格・降格争いの行方

ついにJ2も最終節、第42節を残すのみとなりました。V長崎が初J1昇格を決めるなど盛り上がりがありました。

とりあえず高田社長のコメントを貼っておきます。

Twitter

2万人収容のスタジアムに2万2千人、立ち見が出るという大注目の中、見事に自動昇格を決めたV長崎をJ1で見れる事が非常に楽しみです。

楽天・神戸とジャパネット・長崎の試合は通販ダービーとか呼ばれるのかとか、今から楽しみです。

しかし、まだJ2は最終節で決まる事が沢山ある、ありすぎる!!ドラマが山盛りって奴ですよ!!というぐらい、楽しみがあります。

スポンサーリンク

J1へのプレーオフを掛けた、3位から6位までの争い

J1への自動昇格枠争いの2位は見事に長崎が決めました。2位争いをしていた福岡と名古屋は6位以内は確定しています。なので実質5位と6位に入るための最終節となります。

順位勝ち点得失点差第42節
5徳島6727東京V
6東京V6714徳島
7松本6617京都
8千葉6511横浜FC

徳島・東京V・松本・千葉の4チームで争う形になります。

しかも最終節は徳島・東京Vの直接対決、勝てば6位以内が確定します。とにかく勝って勝ち点を3増やす、それだけの濃さが年で1番になる事間違いない展開になってしまいました。松本・千葉も勝つしかない状況です。

細かく言うと条件はもっと増えますが、最終節に引き分けとか狙われてもつまらない事この上ないのです。

イエローカード連発な試合展開が予想されます。

J3への降格を避けるための、21位にならないための争い

残念ながら群馬がぶっちぎりで最下位で降格決定済です。残り1枠の降格枠に入らないための争いになります。ただ群馬の最終節は長崎が相手なので、最後に牙を見せる事は出来ます。意地を見たいところ。

順位勝ち点得失点差第42節
19讃岐38-18名古屋
20山口37-21愛媛
21熊本37-22大分

昇格争いも激しいですが、降格争いの方も負けず劣らず激しいです。というかここまで最終節で決まる展開とか・・・

とにかく勝つ、それしかないのですが讃岐と熊本は上位との試合が残っている中、山口だけが上位との対決ではないので有利と言えば有利かもしれません。

まとめ

J2は2部リーグだからつまらない?そんな事はありません。

毎年の昇格・降格争いが燃える展開になる事が多いと思います。特に今年からJリーグ全体がよりハードな試合、ハリルホジッチ監督の言うデュエルが物凄く増えたと思います。

毎年最後4試合を残してからガンガンに削り合ってたのが、最初から飛ばしていたように感じるのに、最終節とかどうなってしまうんだ・・・

2017シーズン、J1・J2の降格、昇格争いが大詰めになってきた
毎試合結果についてアレコレ言うのもどうかなと思っていたので、全然語ってきませんでしたが、2017シーズンもいよいよ終わりが近くなってきました。 勿論、優勝争いも面白いのですが、サッカーはそれよりも昇格争い、降格争いが面白いんで...
新型「Fire TV」を使ってみた
新型「Fire TV」が発売されました。 さっそく入手しましたので、使ってみた感想をアレコレ語ってみたいと思います。 事前に準備しておきたい物 さらっとまとめますと Wi-Fiのパスワード DAZN...
「DAZN for docomo」と契約してみた
DAZNと契約してどれぐらいか、そしてDAZN for docomoが始まってどれぐらいか。 ずっと放置していたのですが、そろそろ切り替えようかな安いし。ていうかまだ変えてないのかよっては無しでお願いします。 ちなみにd...

コメント