RHA MA750 Wireless

以前レビューした「RHA MA650 Wireless」の上位機種である「RHA MA750 Wireless」

RHA MA750 Wireless Bluetoothハイエンドイヤホン aptX/AAC対応/NFC搭載/12時間再生 601040 【国内正規品】

今回はRHA社の「RHA MA750 Wireless」についてアレコレ語ってみたいと思います。

スポンサーリンク

「RHA MA750 Wireless」の仕様

  • ドライバー:ハンドメイドダイナミックドライバー(560.1)
  • ハウジング筐体:303Fグレードステンレススチール
  • 周波数特性:16Hz~22,000Hz
  • バッテリー:約12時間
  • コーデック:AAC、apt-x、SBC
  • ペアリング:Bluetooth、NFC
  • 防水規格:IPX4
  • リモコン&マイク:マイク付ユニバーサル3ボタンリモートコントロール
  • 重量:41g
  • 付属品:USB A – USB Cケーブル、イヤーピース(コンプライ含む8セット)、キャリーケース
  • メーカー保証:3年

「RHA MA650 Wireless」と同じく「メーカー保証3年」です。対応コーデックも同じく「AAC」「apt-x」と、Androidの人もiPhoneの人も問題無しです。

決定的に違う事は「RHA MA750 Wireless」は「SHURE掛け」で使用するイヤホンである事です。装着した状態から下にコードを垂らすのではなく、一度耳の上を通して耳の後ろからコードを垂らす。

メガネなどを使っている人はイヤホンのコードとメガネの二つで耳の上に違和感を感じるかもしれません。耳の上にコードとか根本的に無理!!という人は何がどうなっても無理かも。

メリットとして「SHURE掛け」をすると驚くぐらいイヤホンの安定感が増す、という事です。

しかし、合わない人にはとことん合わないと思います。家電量販店での試聴というかフィッティングが必要かもしれません。

音質

まず最初に聞いて思った事は「RHA MA650 Wireless」とは傾向が違う、音の方向性?味付けが違うという事です。

音の細かいところまで聞こえるのは共通ですが、高音域は強すぎずより広がって行くように聞こえます。艶があると言うか、柔らかいと言うか、気持ちよく響きます。

中音域もあまり専門家的な人が使う言葉を使いたくはないのですが、透明感と言うべきか、音の鳴り終わりまで気持ちよく広がって行きます。

低音域は「RHA MA650 Wireless」と同じく引き締まった感じですが、気持ち「RHA MA750 Wireless」の方が空間に広がる感じがします。必要十分な低音が出ますが、低音大好き重低音の会の人には物足りないかもしれません。

全体として気持ちよく、音が広がって行く感じです。

イヤーピースを交換してみる

「RHA MA750 Wireless」も付属品が充実しているので、他のメーカーのイヤーピースに交換する必要がないとも思うのです。しかし「SHERE掛け」で使うため、フィットするかどうかが非常に重要だと思います。

コンプライは付属品にあるので、それ以外で。

イヤーピースを交換してみませんか?おすすめをまとめてみる
イヤホンの音が気に入らない、新しく買ったのに思っていた音とは違う、何か気分変換してみたい。そんな風に思った事はありませんか? 理由はアレコレあると思いますが、ほんの少しだけ変えるだけで今聞いている音が大きく変わる、かもしれない

JVC Spiral Dot

やっぱり最初にこれを試してしまう

「RHA MA750 Wireless」にも装着可能。少し本来の音の良さを消してしまうような気がしなくもない。

final Eタイプ イヤーピース

「RHA MA750 Wireless」にも装着可能。さらに持ち味の良さを引き延ばす、高音域が上手く補助されたように聞こえます。

茶楽音人 SpinFit

カナル型イヤホン用 シリコンイヤーチップ SpinFit Mサイズ 赤色 4個入り

「RHA MA750 Wireless」にも装着可能です。「SHURE掛け」の効果か、少し全高が高くなっても装着感は損なわれません。

オーディオテクニカ SOLID BASS スペアイヤーピース

audio-technica SOLID BASS スペアイヤピース M ブラックレッド ER-CK50M BRD

「RHA MA750 Wireless」にも装着可能。低音域の拡張を狙う時に試してみるイヤーピースになって来ましたが、ほんのりベース等がマイルドに広がった気がします。

ソニー ハイブリッドイヤーピース

ソニー SONY ハイブリッドイヤーピース EP-EX11M : Mサイズ 4個入り ブラック EP-EX11M B
「RHA MA750 Wireless」にも装着可能です。

自分の中で「RHA MA750 Wireless」のイヤーピースをあえて変えるなら、「final Eタイプ」一択です。イヤホンの持ち味を存分に出すことが出来ている、自分のしょっぱい耳ではそのように判断しました。音の好みなど個人差があると思いますので、ほんの参考にでも。

まとめ

良い環境で音楽を聞きたい、妥協はしたくない、RHAのファンである、そんな人にはオススメです。「SHURE掛け」で使用するので、どうしても抵抗のある人以外は満足出来るのではないでしょうか。

「RHA MA750 Wireless」を選んで音質で失敗した、という事はないと思います。いつも頑張ってる自分にご褒美!!とか気合いを入れて、家電量販店等で試聴してみてはいかがでしょうか?

RHA MA650 Wireless
さぁ、色々なBluetoothイヤホンを聞いて来てそろそろ次のステージに行きたくなったんじゃないでしょうか?主に自分がですが。 初めてのBluetoothイヤホンの次として、勿論初めてでもいいと思いますが、今回はRHA社の「R
RHA MA650 WirelessとMA750 Wirelessを聞き比べてみた
「RHA MA650 Wireless」と「RHA MA750 Wireless」、その二つを聞いてみて、ただの下位機種・上位機種の関係ではないな、と思いました。 同じ「RHA」社製のBluetoothワイヤレスイヤホ
iPhoneにおすすめ!AAC対応 Bluetooth イヤホン 対応機器のまとめ
自分で初めてBluetoorhイヤホンを使ってみて、無線のありがたみを物凄く体感してしまいました。なので、次に向けて個人的な感性に引っかかったものをまとめておこうと思います。 実際に自分で使ってみておすすめ出来る物、購入してみ

 

コメント